コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】カスタマイズ可能な50種類以上のポストエフェクトを使用できる「Colorful FX」紹介($40)

はじめに 「Colorful FX」を Unity プロジェクトに導入することで カスタマイズ可能な50種類以上のポストエフェクトを使用できるようになります 目次 はじめに 目次 使用例 適用前 適用後 AnalogTV BilateralGaussianBlur BleachBypass Blend BrightnessCont…

【Unity】LUT を使用できる「Simple LUT Adjuster」紹介

はじめに 「Simple LUT Adjuster」を Unity プロジェクトに導入することで LUT を使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 使い方 シーンのカメラに「Simple LUT」をアタッチして 「Lookup Texture」に LUT を設定すると使用できるようになります

【Unity】モバイルで高速に動作するモーションブラーを使用できる「Fast Mobile Camera Motion Blur」紹介($55.99)

はじめに 「Fast Mobile Camera Motion Blur」を Unity プロジェクトに導入することで モバイルで高速に動作するモーションブラーを使用できるようになります 使用例 使い方 シーンのカメラに「Fast Motion Blur」をアタッチして 「FastMotionBlur」マテリア…

【Unity】LUT が使用できる「Fast LUT」紹介($10)

はじめに 「Fast LUT」を Unity プロジェクトに導入することで LUT が使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 使い方 LUT テクスチャを右クリックして 「Create > FastLUT > Convert 2D LUT Texture to FastLUT」を選択して Fast LUT 専用のアセット…

【Unity】I2 Localization - 基本的な使い方

概要 2014/2/26 に「I2 Localization」がリリースされました 「I2 Localization」は高性能なローカライズシステムです この記事では「I2 Localization」の基本的な使い方を紹介していきます 目次 概要 目次 検証環境 設定方法 言語の追加 タームの追加 テキ…

【Unity】Asset Store のマッドネスセールで 5/15(水)まで安く購入できるおすすめのアセット紹介

はじめに Asset Store のマッドネスセールで 5/15(水)まで安く購入できるおすすめのアセットを紹介していきます 各アセットの使い方をまとめた記事へのリンクも貼ってありますので どんなアセットか興味があれば、そちらも参考にしていただければと思いま…

【Unity】モバイルでも高速に動作するカラーコレクション(LUT)、ブラー、ブルームが使用できる「Fast Mobile Post Processing」紹介($6.99)

はじめに 「Fast Mobile Post Processing」を Unity プロジェクトに導入することで モバイルでも高速に動作するカラーコレクション(LUT)、ブラー、 ブルームが使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 カラーコレクション(LUT)、ブラー、ブルーム…

【Unity】モバイル向けのトーンマップ、コントラスト、グレースケール、ガンマ補正、周辺減光、カラーバランスのポストエフェクトが使用できる「Mobile Color Grading」紹介

はじめに 「Mobile Color Grading」を Unity プロジェクトに導入することで モバイル向けのトーンマップ、コントラスト、グレースケール、ガンマ補正、 周辺減光、カラーバランスのポストエフェクトが使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 トーン…

【Unity】円柱型、球形のビルボード(フォグ適用可)を使用できる「Ultimate Billboard」紹介($5)

はじめに 「Ultimate Billboard」を Unity プロジェクトに導入することで 円柱型、球形のビルボード(フォグ適用可)を使用できるようになります 使用例 マテリアルの Shader を「Sprites/UltimateBillboard」を変更すると使用できます 項目 内容 Use Fog フ…

【Unity】モバイルにおいてタッチ操作でカメラの移動、回転ができる「Touch mobile camera」紹介($4.99)

はじめに 「Touch mobile camera」を Unity プロジェクトに導入することで モバイルにおいてタッチ操作でカメラの移動、回転ができるようになります 準備 シーンのカメラを削除して、代わりに「RTS_Cam」プレハブをシーンに配置します カメラの操作感は「RTS…

【Unity】モバイルでも高速に動作するブルームのポストエフェクトが使用できる「Fast Bloom optimized for Mobile」紹介($4.99)

はじめに 「Fast Bloom optimized for Mobile」を Unity プロジェクトに導入することで モバイルでも高速に動作するブルームのポストエフェクトが 使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 使い方 シーンのカメラに「Mobile Bloom」をアタッチして 「…

【Unity】モバイルでも高速に動作するブルーム、カラーコレクション、グレーディング、ビネットなどのポストエフェクトが使用できる「Sleek Render: Mobile Post Processing Stack」紹介($19)

はじめに 「Sleek Render: Mobile Post Processing Stack」を Unity プロジェクトに導入することで モバイルでも高速に動作するブルーム、カラーコレクション、 グレーディング、ビネットなどのポストエフェクトが使用できるようになります 使用例 適用前 ブ…

【Visual Studio Code】Unity のシェーダのシンタックスハイライトやインテリセンス、ドキュメントのフォーマットなどが使えるようになる拡張機能「ShaderlabVSCode」紹介

はじめに 「ShaderlabVSCode」を使用することで、Unity のシェーダの シンタックスハイライトやインテリセンス、 ドキュメントのフォーマットなどが使えるようになります インストール方法 ShaderlabVSCode を Unity プロジェクトに追加します VSCode を起動…

【Unity】2D で斬撃エフェクトを実装できる「Simple Sprite Trails」紹介

はじめに 「Simple Sprite Trails」を Unity プロジェクトに導入することで 2D で斬撃エフェクトを実装できるようになります 使用例 使い方 斬撃エフェクトを表示したいスプライトに「Trail」という名前の子オブジェクトを作成して 「MeleeWeaponTrail」をア…

【Unity】2D スプライトの移動の軌跡を描画できる「Sprite Ghost Trail Renderer」紹介

はじめに 「Sprite Ghost Trail Renderer」を Unity プロジェクトに導入することで 2D スプライトの移動の軌跡を描画できるようになります 使用例 使い方 「SpriteGhostTrailRenderer」をアタッチすることで使用できます

【Unity】スプライトでノーマルマップやスペキュラマップなどが使用できる「Uber Shader for Sprites」紹介

はじめに 「Uber Shader for Sprites」を Unity プロジェクトに導入することで スプライトでノーマルマップやスペキュラマップなどが使用できるようになります 使用例 クイックスタート この記事ではスプライトでノーマルマップを使用する方法を紹介していき…

【Unity】3D オブジェクトで影に隠れた部分を描画できる「Standard Shader PBR with Occlusion Highlight」紹介

はじめに 「Standard Shader PBR with Occlusion Highlight」を Unity プロジェクトに導入することで 3D オブジェクトで影に隠れた部分を描画できるようになります 使用例 適用前 適用後 使い方 マテリアルの Shader を「Pinwheel/StandardSpecularOccludedH…

【Unity】簡単にデバッグメニューを実装できる「SRDebugger」紹介($30)

概要 2015/2/7 に「SRDebugger」がリリースされました 「SRDebugger」を導入すると簡単にデバッグメニューを実装できるようになります 目次 概要 目次 検証環境 タブ System タブ Console タブ Options タブ Profiler タブ 開き方 ショートカットキー 設定ウ…

【Unity】Unity 製の PC ゲームにおける逆コンパイル・改造の方法と難読化による対策を紹介

はじめに この記事は「Unity #2 Advent Calendar 2018」の 12/6 の記事です Unity で作成したゲームは特に何も対策しなかった場合、 割と簡単にソースコードを閲覧したり改造したりすることができます この記事では Unity 製のゲームはどのように逆コンパイ…

【Unity】「Cyber Week Mega Sale」で 12/8(土)の 16:59 まで安く買えるオススメのアセット 28 個紹介

はじめに Asset Store の「Cyber Week Mega Sale」で 安く買えるオススメのアセットを28個紹介していきます 目次 はじめに 目次 エディタ拡張 Odin - Inspector and Serializer Shader Weaver Shadero Sprite Editor Console Pro Favorites Tab[s] Script In…

【Unity】シンプルなディゾルブシェーダを使用できる「Simple Dissolve Shader」紹介(無料)

概要 2018/8/7 に「Simple Dissolve Shader」がリリースされました 「Simple Dissolve Shader」を導入すると、 シンプルなディゾルブシェーダを使用できるようになります 検証環境 Unity 2018.2.14f1 Simple Dissolve Shader 1.0 使用例 使い方 マテリアルの…

【Unity】画面の一部の色を反転できる「Selectable Inversion Image Effect」紹介(無料)

概要 2018/24/16 に「Selectable Inversion Image Effect」がリリースされました 「Selectable Inversion Image Effect」を導入すると、 画面の一部の色を反転できるようになります 検証環境 Unity 2018.2.14f1 Selectable Inversion Image Effect 1.0.3 使…

【Unity】ドット絵のゲームで 22 種類のフィルターを使用できる「Simple Dissolve Shader」紹介(無料)

概要 2018/2/27 に「Pixel Art Filters From Emulators」がリリースされました 「Pixel Art Filters From Emulators」を導入すると、 ドット絵のゲームで 22 種類のフィルターを使用できるようになります 検証環境 Unity 2018.2.14f1 Pixel Art Filters From…

【Unity】「Vectrosity」を使用して uGUI で破線を表示する方法

概要 「Vectrosity」を使用することでさまざまな線を描画できるようになります この記事では「Vectrosity」を使用して uGUI で破線を表示する方法を書き残しておきます 検証環境 Unity 2017.4.7f1 Vectrosity 5.6 使用例 方法 上記のようなスクリプトを作成…

【Unity】Unity の機能を async / await で使用できる「Await Extensions」紹介(無料)

概要 2018/9/14 に「Await Extensions」がリリースされました 「Await Extensions」を導入すると、 Unity の機能を async / await で使用できるようになります 検証環境 Unity 2017.4.7f1 Await Extensions 1.0 使用例

【Unity】【Zenject】複数のシーンで使用したい ScriptableObject の参照を自動で設定する方法

はじめに 上記のような ScriptableObject を複数のシーンから参照したい場合、 using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { public MonsterTable m_monsterTable; } このように public 変数や SerializeField 属性が適用された変数を定義し…

【Unity】【Zenject】シーン内のコンポーネントの参照を自動で設定する方法

はじめに using UnityEngine; public class PauseUI : MonoBehaviour { public void Open() { Debug.Log( "Open" ); } } 例えば、上記のようなスクリプトが存在して、 このコンポーネントを他のスクリプトから使用したい場合、 using UnityEngine; public cl…

【Unity】現在 Asset Store において作者セール中で安く買えるオススメのアセット紹介(2018/8/11)

はじめに 現在、Asset Store において作者セール中で 安く買えるオススメのアセット紹介していきます Shader Weaver(64%OFF) ノードベースで Sprite や UI 用のシェーダを作成できるようになります 価格:$100.00 → $36.00 (64%OFF) 紹介記事:http://ba…

【Unity】ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できる「OpenTerminal」紹介(無料)

概要 2018/1/4 に「OpenTerminal」がリリースされました 「OpenTerminal」を導入すると、 ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できるようになります 検証環境 Unity 2018.2.2f1 OpenTerminal 1.0 使い方 シーンのオブジェクトに「Terminal」コ…

【Unity】ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できる「Command Terminal」紹介(無料)

概要 2018/8/1 に「Command Terminal」がリリースされました 「Command Terminal」を導入すると、 ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できるようになります 検証環境 Unity 2018.2.2f1 Command Terminal 1.0 使い方 シーンのオブジェクトに「…