コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【ReSharper】クラスや関数の Full Name をコピーする方法

概要 Visual Studio メニューの「RESHARPER > Edit > Copy Fully-qualified name/Source browser URI to Clipboard」を選択して コピーしたい書式を選択することで、クラスや関数の Full Bane をコピーできます 参考サイト様

【ReSharper】Alt + Delete で関数を安全に削除

概要 削除したい関数を選択した状態で Alt + Delete を押して 確認ダイアログで「Next > 」を2回押すと、 その関数が呼び出されている箇所も含めて安全に削除できる

【ReSharper】特定のコードで命名規則を無視する方法

目次 目次 特定のフィールドで命名規則を無視 特定のファイルで命名規則を無視 特定の範囲で命名規則を無視 特定のフィールドで命名規則を無視(属性版) 特定のクラスで命名規則を無視(属性版) 特定のファイルですべてのルールを無視する 補足 特定のフィ…

【ReSharper】簡単にコードを名前空間で囲む方法

概要 コードを選択した状態で namespace を入力すると 選択中のコードが名前空間で囲まれた状態になる

【ReSharper】配列の for 文を簡単に記述できる Live Template

使い方 itar と記述することで、配列の for 文を簡単に記述できます

【ReSharper】Dictionary.TryGetValue の if 文を簡単に記述できる Source Template

ソースコード using JetBrains.Annotations; using System.Collections.Generic; public static class SourceTemplates { [SourceTemplate] [Macro( Target = "key" )] [Macro( Target = "value" )] public static void tryGetValue<TKey, TValue>( this Dictionary<TKey, TValue> self )</tkey,></tkey,>…

【ReSharper】static コンストラクタを簡単に記述できる ReSharper の Live Template

ソースコード 使用例

【Unity】TryGetComponent の if 文を簡単に記述できる ReSharper の Live Template

ソースコード 使用例

【Unity】string.Format を ZString.Format に置換する ReSharper の Quick-Fixes を作成する

概要 ReSharper と ZString を導入しているプロジェクトで ZString.Format ではなく string.Format を使用している箇所があれば 警告線を表示する Quick-Fixes で ZString.Format に置換できるようにする ということを行いたい場合は、 ReSharper のオプショ…

【ReSharper】Live Template を使用してコーディングを早くする方法

はじめに 例えば、itar と入力して Enter を押すと配列の for 文が自動で記述されます そして、インデックスや参照する配列、for 文の中に定義する変数の名前を Enter キーを押すことで順番に入力できるため、 自分で for 文を記述するよりも効率よくコーデ…

【ReSharper】Visual Studio の「フォントおよび色」で ReSharper の項目を変更しても反映されない場合

概要 Visual Studio メニューの「RESHARPER > Options」から 「Code Inspection > Settings」の「Highlighting」の「Color Identifiers」をオンにすると 反映されるようになる 参考サイト様

【ReSharper】Ctrl + Shift + T でファイル検索ができる

概要 Ctrl + Shift + T を押すことでファイル検索ができる

【ReSharper】Ctrl + T でどこでも検索ができる

概要 Ctrl + T を押して検索したい文字列を入力することで、 ファイルやクラス、関数などの検索できる

【ReSharper】コンテキストアクションをファイル単位やフォルダ単位で適用する方法

概要 Ctrl + . などを押してコンテキストアクションを実行する際に ファイル単位やフォルダ単位で適用するかどうかを選択できる 関数呼び出しの単位 関数単位 ファイル単位 フォルダ単位 プロジェクト単位 ソリューション単位

【ReSharper】フォルダ単位でクリーンナップする方法

概要 Visual Studio のソリューション エクスプローラーでフォルダを右クリックして 「Cleanup Code」を選択することで、そのフォルダ内のファイル全てに対して クリーンナップを適用することができる

【ReSharper】Reformat Code 時にステートメント形式のラムダを一行にまとめない方法

概要 上記のように Reformat Code 時にステートメント形式のラムダが 一行にまとめられるのをやめたい場合は 「Place simple anonymous method on single line」をオフにする

【Rider】「Save > This computer」で保存した設定ファイル(GlobalSettingsStorage.DotSettings)の保存場所

概要 C:\Users\【ユーザー名】\.RiderXXXX.X\config\resharper-host 参考サイト様

【ReSharper】「Save To > This computer」で保存した設定ファイル(GlobalSettingsStorage.DotSettings)の保存場所

概要 C:\Users\【ユーザー名】\AppData\Roaming\JetBrains\Shared\vAny 参考サイト様

【ReSharper】Unity で Color 構造体を記述する時に System.Drawing.Color のコード補完を非表示にする方法

概要 Unity で Color 構造体を記述する時にコード補完に System.Drawing.Color が表示されることが煩わしい場合は Visual Studio メニューの「RESHARPER > Options...」から 「Code Inspection > Settings > Auto Import」を選択し、リストに 「System.Drawi…

【ReSharper】Unity で Debug クラスを記述する時に System.Diagnostics.Debug のコード補完を非表示にする方法

概要 Unity で Debug クラスを記述する時にコード補完に System.Diagnostics.Debug が表示されることが煩わしい場合は Visual Studio メニューの「RESHARPER > Options...」から 「Code Inspection > Settings > Auto Import」を選択し、リストに 「System.D…

【ReSharper】Unity で Image クラスを記述する時に System.Net.Mime.MediaTypeNames.Image と UnityEngine.UIElements.Image のコード補完を非表示にする方法

概要 Unity で Image クラスを記述する時にコード補完に System.Net.Mime.MediaTypeNames.Image UnityEngine.UIElements.Image が表示されることが煩わしい場合は Visual Studio メニューの「RESHARPER > Options...」から 「Code Inspection > Settings > A…

【ReSharper】配列やリストの for 文を簡単に記述できる Source Template

ソースコード using JetBrains.Annotations; using System.Collections.Generic; public static class SourceTemplates { [SourceTemplate] [Macro( Target = "index" )] [Macro( Target = "value" )] public static void forArray<T>( this T[] self ) { for (</t>…

【Rider】string.Format のように扱う必要があること明示する StringFormatMethod 属性

概要 例えば上記のようなコードで StringFormatMethod 属性を適用すると 正しく書式が指定されていない場合に警告が表示されるようになります このように、StringFormatMethod 属性を適用することで string.Format のように扱う必要があること明示できます …

【Rider】戻り値が使用されていない場合に警告を表示できる Pure 属性

概要 例えば上記のようなコードで Pure 属性を適用すると その関数で受け取った値を使用していない場合に警告が表示されるようになります 参考サイト様

【Rider】null になる可能性があることを明示する CanBeNull 属性

概要 例えば上記のようなコードで CanBeNull 属性を適用すると その関数で受け取った値を null チェックしていない場合に 警告が表示されるようになります このように、CanBeNull 属性を適用することで その関数は null を返す可能性があることを明示できま…

【Rider】null ではないことを保証する NotNull 属性

概要 例えば上記のような関数に NotNull 属性を適用すると その関数で null を返そうとしている場合に警告が表示されるようになります このように、NotNull 属性を適用することで その関数は null を返さない、ということを保証できるようになります 他にも…

【Rider】Inlay Hints を非表示にする方法

概要 Inlay Hints を非表示にしたい場合は Rider メニューの「File > Settings...」から 「Editor > Parameter Name Hints」の「Show Inlay Hints」をオフにすることで 非表示にできます 参考サイト様

【Rider】Code Vision を無効化する方法

概要 Rider の Code Vision を無効化したい場合は Rider メニューの「File > Settings...」から 「Editor > Code Vision」の「Enable Code Vision」をオフにします

【Rider】Rider のおすすめのプラグインがまとめられたサイト様

概要 Awesome Plugins for Rider: Language Support - .NET Tools Blog.NET Tools Blog Awesome Plugins for Rider: Code Editing/Analysis - .NET Tools Blog.NET Tools Blog Awesome Plugins for Rider: UI/UX - .NET Tools Blog.NET Tools Blog Fun and e…

【ReSharper】変数やプロパティが代入されている箇所を検索する方法

概要 変数やプロパティを右クリックして「Inspect > Value Origin」を押すと 変数やプロパティが代入されている箇所を検索できます 参考サイト様