コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】空の Awake、Start、Update、LateUpdate を検索できる「EmptyFunctionMonitor」紹介

はじめに

「EmptyFunctionMonitor」を Unity プロジェクトに導入することで
空の Awake、Start、Update、LateUpdate を検索できるようになります

使い方

f:id:baba_s:20180505193316p:plain

Unity メニューの「Tools>EmptyFunctionMonitor」を選択して

f:id:baba_s:20180505193408p:plain

「検索」ボタンを押して

f:id:baba_s:20180505193441p:plain

検索したい関数をチェックして「実行」ボタンを押すと

f:id:baba_s:20180505193501p:plain

空の関数がリストで表示されます
ダブルクリックすると、ソースコードの該当箇所がコードエディタで開きます