コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】uGUI でディゾルブシェーダを使用できる「DissolveEffectForUGUI」紹介

はじめに

「DissolveEffectForUGUI」を Unity プロジェクトに導入することで
uGUI でディゾルブシェーダを使用できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20180518205715g:plain

使い方

f:id:baba_s:20180518211114p:plain

Canvas の「Additional Shader Channels」に「TexCoord1」を設定します

f:id:baba_s:20180518210955p:plain

そして、ディゾルブシェーダを適用したい UI オブジェクトに
UIDissolve コンポーネントをアタッチして
「Dissolve Factor」の数値を調整することで使用できます

f:id:baba_s:20180518211609p:plain

画像だけでなく文字にも適用できます