コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Visual Studio】Windows Defender に Visual Studio 2017 の除外設定を追加して、Visual Studio のビルド時間を高速化できるスクリプト紹介

はじめに

上記の PowerShell スクリプトを実行することで
Windows Defender に Visual Studio 2017 の除外設定を追加して、
Visual Studio のビルド時間を高速化できます

使い方

上記のスクリプトをデスクトップに「test.ps1」という名前で保存します

f:id:baba_s:20190503162947p:plain

スタートメニューを右クリックして「Windows PowerShell (管理者)(A)」を選択します

Set-Location C:\Users\【ユーザー名】\Desktop

上記のコマンドを入力します(デスクトップに移動します)

Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

上記のコマンドを入力します(実行ポリシーを変更します)
「実行ポリシーの変更~」と表示されたら「y」と入力して Enter を押します

 .\test.ps1

上記のコマンドを入力します
(Windows Defender に Visual Studio 2017 の除外設定を追加します)

What is the path to your Projects folder? (example: c:\projects)

上記のメッセージが表示されたら、
普段 Visual Studio のプロジェクトを管理しているフォルダのパスを入力します
(そのフォルダも除外設定に追加してくれます)

Enjoy faster build times and coding!

上記のメッセージが表示されたら除外設定の追加が完了です

Set-ExecutionPolicy Restricted

最後に、上記のコマンドを入力します(実行ポリシーを元に戻します)
「実行ポリシーの変更~」と表示されたら「y」と入力して Enter を押します

以上で、Windows Defender に Visual Studio 2017 の除外設定を追加する作業が完了です

確認

f:id:baba_s:20190503164843p:plain

スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動して

f:id:baba_s:20190503164902p:plain

「ウイルスと脅威の防止」を選択して

f:id:baba_s:20190503164906p:plain

「ウイルスと脅威の防止の設定」の「設定の管理」を選択して

f:id:baba_s:20190503164909p:plain

「除外」の「除外の追加または削除」を選択すると

f:id:baba_s:20190503165204p:plain

Windows Defender にVisual Studio 2017 の除外設定が
正常に追加されたかどうか確認できます

f:id:baba_s:20190503164916p:plain

除外設定を削除したい場合は各項目の矢印を押してから「削除」を選択します

参考サイト様