コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】スプライトに影を落とすことができる「Unity-2D-Sprite-cast-and-receive-shadows」紹介

はじめに

「Unity-2D-Sprite-cast-and-receive-shadows」を Unity プロジェクトに導入することで
スプライトに影を落とすことができるようになります

使用例

f:id:baba_s:20181231180852g:plain

使い方

f:id:baba_s:20181231181019p:plain

スプライトを選択した状態で Inspector を Debug モードに変更して
「Receive Shadows」をオンにします

f:id:baba_s:20181231181025p:plain

Inspector を Normal モードに戻して
Shader が「Custom/SpriteShadow」のマテリアルをスプライトに適用します