コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】レトロ風のポストエフェクトを使用できる「Dithered Palette Effect」紹介

はじめに

「Dithered Palette Effect」を Unity プロジェクトに導入することで
レトロ風のポストエフェクトを使用できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20181212164606p:plain

f:id:baba_s:20181212164608p:plain

f:id:baba_s:20181212164611p:plain

f:id:baba_s:20181212164615p:plain

f:id:baba_s:20181212164619p:plain

使い方

f:id:baba_s:20181212164810p:plain

シーンに配置されているカメラに「Dithered Palette」をアタッチして
各種パラメータを設定します

項目 内容
Use Dithering ディザリングするかどうか
Dithering Sample ディザリングに使用するテクスチャ
デフォルトだと3つのテクスチャが用意されている
Palette Mode 表示色の種類(マニュアル、グレースケール、パステルなど)
Palette Palette Mode が Manual の場合に使用する表示色
デフォルトだと20種類のパレットが用意されている