コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】uGUI でピンチイン・アウトを実装したサンプル「SamplePinchScaling」紹介

はじめに

「SamplePinchScaling」は uGUI でピンチイン・アウトを実装したサンプルです

使い方

こちらのサイト様に詳細な内容が記載されていますので、
詳しくは上記のサイト様を閲覧して頂ければと思いますが
自分のブログにも手順をまとめておきます

f:id:baba_s:20180516214533p:plain

Hierarchy の階層はこのようにします

f:id:baba_s:20180516214616p:plain

Scroll View オブジェクトのパラメータはこのようになります

f:id:baba_s:20180516214745p:plain

Content オブジェクトには「ContentSizeFitter」と「GridLayoutGroup」をアタッチします
「ContentSizeFitter」の項目には「PreferredSize」を設定します
「GridLayoutGroup」の「CellSize」には
ピンチイン・アウトしたい画像の大きさを設定します

f:id:baba_s:20180516214754p:plain

Wrapper オブジェクトには「Layout Element」をアタッチします
設定は特に必要ありません

f:id:baba_s:20180516214801p:plain

ピンチイン・アウトしたい画像はこのように配置します

f:id:baba_s:20180516214808p:plain

あとは、適当なゲームオブジェクトを作成して「PinchScalingManager」をアタッチし、
各パラメータを設定します

項目 内容
Content Content オブジェクトを設定
Wrapper Wrapper オブジェクトを設定
Scale デフォルトの拡大率
Range Scale 拡大率の最小値と最大値
Range Limited Scale 収束させる拡大率の最小値と最大値

これで iOS / Android にビルドするとピンチイン・アウトの動作が確認できます

ピンチイン・アウトした時に思ったような挙動にならない場合は、
コンポーネントをアタッチし忘れていないか、
コンポーネントのパラメータは問題ないかどうか、確認してみてください

関連記事