コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity 2018 から使用できる「SpriteShape」紹介

はじめに

Unity 2018.1b10 以降で使用できる 2Dの「SpriteShape」のサンプルが
GitHub で公開されています

この記事では、「SpriteShape」の導入方法と簡単な使い方を紹介していきます

目次

使用例

f:id:baba_s:20180321160057g:plain

f:id:baba_s:20180321160022g:plain

f:id:baba_s:20180321155955g:plain

フォーラム

https://forum.unity.com/threads/spriteshape-preview-package.522575/

プレビュー版のドキュメント

https://github.com/Unity-Technologies/2d-spriteshape-samples/blob/master/Documentation/SpriteShape.md

インストール

Unity 2018.1 のインストール

https://unity3d.com/jp/unity/beta-download
上記のページから最新の Unity 2018.1 のベータ版をインストールします

「SpriteShape」のサンプルのダウンロード

https://github.com/Unity-Technologies/2d-spriteshape-samples
上記のページの「Clone or Download>Download ZIP」を選択して、
ダウンロードした「2d-spriteshape-samples-master.zip」を展開して、
展開した「2d-spriteshape-samples-master」を Unity 2018.1 で開きます

クイックスタート

SpriteShapeProfile の作成

f:id:baba_s:20180321160919p:plain

Project ビューの「Create>Sprite Shape Profile>Empty」を選択します

f:id:baba_s:20180321161210p:plain

作成した Sprite Shape Profile を選択して、「Create Range」を押します

f:id:baba_s:20180321161225p:plain

「Sprites」の右下の「+」を押します

f:id:baba_s:20180321161232p:plain

サンプルの「CastleBlock01」スプライトを「None (Sprite)」にドラッグして設定します

SpriteShape オブジェクトの作成

f:id:baba_s:20180321161359p:plain

Hierarchy の「Create>2D Object>Sprite Shape」を選択します

f:id:baba_s:20180321161541p:plain

作成した SpriteShape オブジェクトを選択して、
先ほど作成した Sprite Shape Profile を「SpriteShape」の欄にドラッグして設定します

(Sprite Shape Profile を Scene ビューにドラッグしても作成できます)

f:id:baba_s:20180321161627p:plain

「Edit Spline」ボタンを押します

f:id:baba_s:20180321161716p:plain

Scene ビューでパスが編集できるようになります

f:id:baba_s:20180321161954p:plain

キレイにパスを編集したい場合は、パスの頂点を選択してから
「Point Mode」を一番右のモードに設定するのがおすすめです

f:id:baba_s:20180321162053g:plain

これで、Scene ビューでパスを編集してスプライトを調整できるようになります
線の上をクリックすると、頂点を追加できます
頂点を選択して Delete キーを押すと、頂点を削除できます

当たり判定の実装

f:id:baba_s:20180321163802p:plain

SpriteShape オブジェクトに「Polygon Collider 2D」をアタッチすると
当たり判定を付与することができます

f:id:baba_s:20180321164519g:plain

おわりに

今回は Unity 2018 から使用できる「SpriteShape」の導入方法と
簡単な使い方を紹介しました

「SpriteShape」には他にも多くの機能が備わっているため
興味がある方はぜひ触ってみて頂ければと思います

関連記事