コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】2段ジャンプ、壁キック、動く床、一方通行の床、金網、坂道などが実装できる無料の 2D アクションライブラリ「Unity 2D Platformer Controller」紹介

はじめに

「Unity 2D Platformer Controller」は
2段ジャンプ、壁キック、動く床、一方通行の床、金網、坂道などが実装できる
無料の 2D アクションライブラリです

目次

使用例

2段ジャンプ、壁キック

f:id:baba_s:20180124144055g:plain

動く床

f:id:baba_s:20180124144216g:plain

一方通行の床

f:id:baba_s:20180124144029g:plain

金網

f:id:baba_s:20180124143827g:plain

坂道

f:id:baba_s:20180124144134g:plain

入手方法

Unity パッケージでインポートする方法

  1. 下記のページにアクセスします
    https://github.com/cjddmut/Unity-2D-Platformer-Controller/releases
  2. 「PC2D_v0.4.0-preview.unitypackage」を選択します
  3. ダウンロードした「PC2D_v0.4.0-preview.unitypackage」を
    Unity プロジェクトにインポートします

GitHub のリポジトリをダウンロードする方法

  1. 下記のページにアクセスします
    https://github.com/cjddmut/Unity-2D-Platformer-Controller
  2. 「Clone or download」ボタンを押して「Download ZIP」を選択します
  3. ダウンロードした「Unity-2D-Platformer-Controller-develop.zip」を展開します
  4. 展開した「Unity-2D-Platformer-Controller-develop」フォルダを Unity で開きます

クイックスタート

レイヤーの準備

f:id:baba_s:20180124150255p:plain

Unity エディタ右上の「Layers」ボタンを押して
「Edit Layers...」を選択します

f:id:baba_s:20180124150305p:plain

「Layers」を開いて、
「User Layer 8」に「Static Environment」、
「User Layer 9」に「Moving Platform」と入力します

(すでに存在する場合は作成する必要はありません)

プレイヤーの配置

f:id:baba_s:20180124150313p:plain

「Basic Player Controller」プレハブをシーンに配置します

f:id:baba_s:20180124150322p:plain

配置した「Basic Player Controller」を選択して、

f:id:baba_s:20180124150330p:plain

「General」の下記の項目を設定します

  • 「Static Environment Layer」に「Static Environment」を設定
  • 「Moving Platform Layer」に「Moving Platform」を設定
  • 「Additional Raycasts per Side」に「1」を入力

f:id:baba_s:20180124150340p:plain

そして、「Position」をすべて「0」に設定します

床の配置

f:id:baba_s:20180124150352p:plain

Hierarchy の「Create>2D Object>Sprite」を選択します

f:id:baba_s:20180124150401p:plain

作成した「New Sprite」を選択して、
「Sprite」の欄の右端の丸いアイコンをクリックして、

f:id:baba_s:20180124150412p:plain

「Square」を選択します

f:id:baba_s:20180124150423p:plain

そして、「Position」に ( 0, -2, 0 ) と入力、
「Scale」に ( 10, 1, 1 ) と入力して、

f:id:baba_s:20180124150430p:plain

「Layer」を「8. Static Environment」に変更します

f:id:baba_s:20180124150439p:plain

最後に、「Add Component」ボタンを押して、
入力欄に「BoxCollider2D」と入力して、
表示された「Box Collider 2D」を選択します

実行結果

f:id:baba_s:20180124150451g:plain

これで、プレイヤーが基本アクションできるようになりました

壁キックの有効化

f:id:baba_s:20180124152205p:plain

壁キックを有効にしたい場合は、「Basic Player Controller」を選択して、
「Wall Interactions」のすべての項目をチェックします

f:id:baba_s:20180124152947g:plain

動く床の配置

f:id:baba_s:20180124152507p:plain

左右に動く床は「Left Right Moving Platform」プレハブを、
上下に動く床は「Up Down Moving Platform」プレハブをシーンに配置します

f:id:baba_s:20180124152709p:plain

そして、配置したプレハブの「Layer」に
「9. Moving Platform」を設定します

f:id:baba_s:20180124153009g:plain

落ちる床の配置

f:id:baba_s:20180124153349p:plain

「Collapsable Platform」プレハブをシーンに配置します

f:id:baba_s:20180124153448p:plain

そして、配置したプレハブの「Layer」に
「9. Moving Platform」を設定します

f:id:baba_s:20180124153547g:plain

関連記事