コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】スプライトでノーマルマップやスペキュラマップなどが使用できる「Uber Shader for Sprites」紹介

はじめに

 
「Uber Shader for Sprites」を Unity プロジェクトに導入することで
スプライトでノーマルマップやスペキュラマップなどが使用できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20190104211348g:plain

クイックスタート

この記事ではスプライトでノーマルマップを使用する方法を紹介していきます

f:id:baba_s:20190104211932p:plain

Shader が「Sprite (Pixel Lit)」のマテリアルを作成します

f:id:baba_s:20190104212030p:plain

マテリアルの「Normal Map」に上記のようなノーマルマップの画像を設定します

f:id:baba_s:20190104211943p:plain

作成したマテリアルをスプライトの「Material」に設定します

f:id:baba_s:20190104211950g:plain

後はシーンに Directional Light や Spot Light を配置すると
スプライトに光が当たって陰影ができることが確認できます