コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】【UGUI Super ScrollView】使用できるイベントや関数の紹介

はじめに

 
「UGUI Super ScrollView」では「LoopListView2」クラスを使用して
スクロールビューの操作を行います
この記事では、「LoopListView2」クラスで使用できる
イベントや関数を一部紹介していきます

イベント

mOnBeginDragAction

ドラッグを開始した時に呼び出されます

private void Start()
{
    m_view.mOnBeginDragAction = OnBeginDrag;
}

private void OnBeginDrag()
{
}

mOnDragingAction

ドラッグ中に呼び出されます

private void Start()
{
    m_view.mOnDragingAction = OnDraging;
}

private void OnDraging()
{
}

mOnEndDragAction

ドラッグを終了した時に呼び出されます

private void Start()
{
    m_view.mOnEndDragAction = OnEndDrag;
}

private void OnEndDrag()
{
}

mOnSnapItemFinished

項目のスナップが終了した時に呼び出されます

private void Start()
{
    m_view.mOnSnapItemFinished = OnSnapItemFinished;
}

private void OnSnapItemFinished()
{
}

mOnSnapNearestChanged

スナップする項目が変化した時に呼び出されます

private void Start()
{
    m_view.mOnSnapNearestChanged = OnSnapNearestChanged;
}

private void OnSnapNearestChanged()
{
}

関数

SetListItemCount

項目数を設定します
第2引数に true を渡すと、スクロールの位置をリセットします

private void Hoge()
{
    m_view.SetListItemCount( 50, false );
}

MovePanelToItemIndex

指定したインデックスの項目にスクロールの位置を合わせます
第2引数で位置のオフセット値を設定できます

private void Hoge()
{
    m_view.MovePanelToItemIndex( 5, 0 );
}

SetSnapTargetItemIndex

指定したインデックスの項目をスナップします

private void Hoge()
{
    m_view.SetSnapTargetItemIndex( 2 );
}

RefreshAllShownItem

項目を再描画します

private void Hoge()
{
    m_view.RefreshAllShownItem();
}

LoopListViewInitParam クラス

mSnapVecThreshold

スクロールのスナップ時のしきい値
画面単位でスクロールをスナップしたい時などに
スクロールを操作しやすくするために使用します

var initParam = LoopListViewInitParam.CopyDefaultInitParam();
initParam.mSnapVecThreshold = 99999;
m_view.InitListView( m_list.Length, OnUpdate, initParam );