コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity プロジェクト内でゲームボーイの ROM を実行できる「UnityGB」紹介

はじめに

「UnityGB」を Unity プロジェクトに導入することで
Unity プロジェクト内でゲームボーイの ROM を実行できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20180218210017g:plain

クイックスタート

f:id:baba_s:20180218205907p:plain

「StreamingAssets」フォルダ内にゲームボーイの ROM データを追加します

f:id:baba_s:20180218205918p:plain

ゲームボーイの画面を描画する MeshRenderer のオブジェクトを配置します

f:id:baba_s:20180218210008p:plain

そして、空のゲームオブジェクトを作成して、
「DefaultEmulatorManager」「DefaultAudioOutput」「AudioSource」をアタッチして
「Filename」に、ゲームボーイの ROM データのファイル名を、
「Screen Renderer」に、ゲームボーイの画面を描画するオブジェクトを設定します

これで、ゲームを再生すると、Unity プロジェクト内で
ゲームボーイの ROM が実行できることを確認できます

関連記事