コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Transform型の位置や回転角、サイズの設定を楽にする その2

類似記事
using UnityEngine;

public class MyBehaviourScript : MonoBehaviour
{
    private void Start()
    {
        var character = new GameObject("Character");
        character.transform.localPosition = new Vector3(1, 1, 1);
    }
}

new GameObject()やGameObject.Instantiate()でゲームオブジェクトを生成した後に
位置や回転角を設定する場合はtransformプロパティを使用しますが
オブジェクト指向エクササイズの「1行につき1ドットまで」に準拠するために
最近は下記のようなスクリプトを用意しています

このスクリプトを使用することで少しだけソースコードを簡潔に書くことができます

using UnityEngine;

public class MyBehaviourScript : MonoBehaviour
{
    private void Start()
    {
        var character = new GameObject("Character");
        character.SetLocalPosition(new Vector3(1, 1, 1));
    }
}