コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity 入門】全方位シューティングを作る 第26回 ゲームのビルド

目次

前回のチュートリアル

はじめに

前回で、プレイヤーのレベルアップを実装し、ゲームが完成しました
今回は、作成したゲームをビルドしていきます

ゲームのビルド

f:id:baba_s:20201206190750p:plain

Unity メニューの「File>Build Settings...」を選択します

f:id:baba_s:20201206190757p:plain

「Build Settings」ウィンドウが表示されたら「Scenes In Build」の一覧から
「Scenes/SampleScene」を選択して Delete キーを押して削除します

f:id:baba_s:20201206190830p:plain

「Add Open Scenes」ボタンを押します

f:id:baba_s:20201206190835p:plain

「Scenes In Build」に「Scenes/GameScene」が追加されたことを確認したら、
「Player Settings...」ボタンを押します

f:id:baba_s:20201206190907p:plain

「Project Settings」ウィンドウが表示されたら
「Resolution and Presentation」の欄で必要な項目を設定します

項目 内容 補足
Fullscreen Mode Windowed フルスクリーンではなくウィンドウでゲームを表示
Default Screen Width 640 ゲーム画面の幅
Default Screen Height 480 ゲーム画面の高さ

f:id:baba_s:20201206191009p:plain

そして、「Build Settings」ウィンドウに戻り、「Build And Run」ボタンを押します

f:id:baba_s:20201206191018p:plain

ゲームの保存先を設定するダイアログが表示されたら、
「新しいフォルダー」を選択し、作成したフォルダに「ShootingTutorial」と名前を付け、

f:id:baba_s:20201206191026p:plain

作成した「ShootingTutorial」フォルダを選択して「フォルダーの選択」ボタンを押します

f:id:baba_s:20201206191053p:plain

すると、ゲームのビルドが開始するのでしばらく待ちます

f:id:baba_s:20180401110914g:plain

ゲームのビルドが完了すると、ゲームが起動して遊べるようになります

f:id:baba_s:20201206191121p:plain

次から作成したゲームを遊びたい時は、Unity プロジェクトのフォルダ内の
「ShootingTutorial」フォルダを開いて

f:id:baba_s:20201206191142p:plain

.exe ファイルを起動します

これで、全方位シューティングのゲームを Unity で作成することができました

さいごに

以上で、チュートリアルは終わりとなります

もし興味がありましたら、今回作成した全方位シューティングに
下記のような機能を実装するなどして、
独自にカスタマイズしてみて頂ければと思います

  • 背景の画像を変更する
  • プレイヤーの画像を変更する
  • 弾の発射の仕方を変更する
  • 敵のパラメータを変更する
  • 敵の種類を増やす
  • 敵の移動パターンを増やす
  • BGM や SE を変更する
  • レベルアップした時に発動するボムの数や速さを調整する
  • プレイヤーのパワーアップの仕方を変更する
  • ゲームの経過時間を表示する
  • タイトル画面を作成する

チュートリアル一覧