コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】PlayerPrefs の閲覧や編集、インポートやエクスポートが可能なアセット「Advanced PlayerPrefs Window」紹介

概要

2013/3/11 に、エディタ拡張用のアセット
「Advanced PlayerPrefs Window」がリリースされました

「Advanced PlayerPrefs Window」を導入すると、
PlayerPrefs のデータの閲覧や編集、
インポートやエクスポートができるようになります

検証環境

  • Unity 5.6.2f1
  • Advanced PlayerPrefs Window 1.9.6

開き方

f:id:baba_s:20170906162706p:plain

Unity メニューの「Window>Advanced PlayerPrefs Window」を選択すると
PlayerPrefs を管理する「APPWindow」が開きます

f:id:baba_s:20170906162743p:plain

リスト

f:id:baba_s:20170906165151p:plain

PlayerPrefs に保存されている項目がリストで表示されます

項目 内容
チェックボックス 一括操作する場合にオンにします
カーソルを合わせると項目の型が表示されます
f:id:baba_s:20170906165353p:plain 値の変更を保存します
f:id:baba_s:20170906165404p:plain 値の変更を取り消します
f:id:baba_s:20170906165415p:plain 項目を削除します

ヘッダー

f:id:baba_s:20170906162935p:plain

ヘッダーから項目の編集やインポート/エクスポートが可能です

大項目 小項目 内容
Sort 表示順の昇順/降順を切り替えます
Options New Entry... PlayerPrefs に新しい項目を追加します
Import... .ppe 形式のファイルを読み込みます
Export Selected... 選択中の項目を .ppe 形式で保存します
Export All Entries すべての項目を .ppe 形式で保存します
Delete Selected Entries 選択中の項目を削除します
Delete All Entries すべての項目を削除します
f:id:baba_s:20170906164948p:plain 項目を検索します
Auto Refresh オンなら1秒毎に表示を最新の状態に更新します
f:id:baba_s:20170906163111p:plain 表示を最新の状態に更新します