コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】.unitypackage を任意のフォルダに展開できる「UnitypackageExtractor.cs」紹介

はじめに

https://gist.github.com/yasirkula/dfc43134fbfefb820d0adbc5d7c25fb3

「UnitypackageExtractor.cs」を Unity プロジェクトに導入することで
.unitypackage を任意のフォルダに展開できるようになります

クイックスタート

f:id:baba_s:20211003201354p:plain

Unity メニューの「Window > Unitypackage Extractor」を選択して

f:id:baba_s:20211003201356p:plain

「.unitypackage Path」の欄で展開したい .unitypackage を選択して
「Output Path」で展開先のフォルダを選択して「Select Assets to Extract...」を押します

f:id:baba_s:20211003201502p:plain

すると展開したいアセットを選択する画面になるので
インポートしたくないアセットはチェックを外します
また、「Trim Prefix」の項目を選択すると展開後の親フォルダの構成を変更できます

f:id:baba_s:20211003201504p:plain

設定が終わったら「Extract!」を押すことで指定したフォルダに
.unitypackage の内容を展開できます