コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity 入門】全方位シューティングを作る 第15回 宝石の作成

目次

前回のチュートリアル

はじめに

前回は、敵の移動パターンを追加しました
今回は、取得すると経験値が増える宝石を作成していきます

作成する宝石

今回作成する全方位シューティングでは、敵を倒したら宝石を落とし、
その宝石を取ると、プレイヤーの経験値が増えるようにしていきます

 f:id:baba_s:20180401131305g:plain f:id:baba_s:20180401131311g:plain f:id:baba_s:20180401131319g:plain f:id:baba_s:20180401131325g:plain

また、宝石は 4 種類あり、それぞれ取得できる経験値は
左から準備「1」「2」「3」「4」となっています

そして、宝石は爆発エフェクトと同じ様に、パーティクルシステムを活用して
上記のようにアニメーションするようにしていきます

宝石のマテリアルの作成

まずは、宝石のパーティクルシステムで使用する
マテリアル(画像を表示する機能)を準備します

宝石のマテリアルは、爆発エフェクトのマテリアルを複製して作成します

f:id:baba_s:20201206181508p:plain

「Explosion」マテリアルを選択した状態で Ctrl + D を押します

f:id:baba_s:20201206181513p:plain

そして、複製された「Explosion 1」マテリアルを選択した状態で F2 を押して、

f:id:baba_s:20201206181528p:plain

「Gem1」という名前に変更します

f:id:baba_s:20201206181532p:plain

さらに、「Gem1」と選択した状態で Ctrl + D を 3 回押して、

f:id:baba_s:20201206181541p:plain

宝石のマテリアルを3つ複製します。そして、

  • 「Gem1 1」プレハブを選択して F2 を押して「Gem2」と入力して Enter を押します
  • 「Gem1 2」プレハブを選択して F2 を押して「Gem3」と入力して Enter を押します
  • 「Gem1 3」プレハブを選択して F2 を押して「Gem4」と入力して Enter を押します

f:id:baba_s:20201206181649p:plain

これで、宝石のマテリアルの準備ができました

宝石のマテリアルの画像の設定

次は、複製した宝石のマテリアルに画像を設定していきます

Gem1

f:id:baba_s:20201206181700p:plain

Gem2

f:id:baba_s:20201206181706p:plain

Gem3

f:id:baba_s:20201206181711p:plain

Gem4

f:id:baba_s:20201206181716p:plain

宝石のエフェクトを作成

宝石は、爆発エフェクトと同様にアニメーションさせるため、
設定の手間を省くために、爆発エフェクトを複製して宝石のエフェクトを作成します

f:id:baba_s:20201206181722p:plain

まず、「Explosion」プレハブを選択した状態で Ctrl + D を押します

f:id:baba_s:20201206181728p:plain

次に、複製した「Explosion 1」プレハブを選択した状態で F2 を押して、

f:id:baba_s:20201206181735p:plain

「Gem1」という名前に変更します

f:id:baba_s:20201206181741p:plain

さらに、「Gem1」プレハブを選択し、
「Texture Sheet Animation」の欄を開き、「Tiles」の「X」に「4」と入力します

f:id:baba_s:20201206181809p:plain

そして、「Gem1」プレハブを選択したまま、
「Explosion」スクリプトを右クリックして「Remove Component」を選択します

これで、爆発エフェクトのプレハブを複製して、
宝石エフェクトのプレハブを 1 つ作ることができました

宝石のエフェクトの複製

f:id:baba_s:20201206181836p:plain

先ほど作成した「Gem1」プレハブを選択した状態で Ctrl + D を 3 回押して、

f:id:baba_s:20201206181842p:plain

宝石のプレハブを3つ複製します。そして、

  • 「Gem1 1」プレハブを選択して F2 を押して「Gem2」と入力して Enter を押します
  • 「Gem1 2」プレハブを選択して F2 を押して「Gem3」と入力して Enter を押します
  • 「Gem1 3」プレハブを選択して F2 を押して「Gem4」と入力して Enter を押します

f:id:baba_s:20201206181915p:plain

これで宝石のプレハブを複製できました

宝石のエフェクトの画像の設定

複製した宝石のプレハブに、マテリアルを反映していきます
宝石のプレハブを順番に選択して、「Renderer」の欄を開き、
次のように、マテリアルを「Material」の欄にドラッグして設定していきます

Gem1

f:id:baba_s:20201206182000p:plain

Gem2

f:id:baba_s:20201206182006p:plain

Gem3

f:id:baba_s:20201206182016p:plain

Gem4

f:id:baba_s:20201206182023p:plain

これで、宝石のエフェクトの画像の設定が完了しました

宝石のエフェクトのパラメータの調整

最後に、宝石のエフェクトのサイズを調整し、
宝石のエフェクトがループ再生されるようにしていきます

f:id:baba_s:20201206182030p:plain

Ctrl キーを押しながらすべての宝石のプレハブをクリックし、
「Scale」の「X」「Y」「Z」に「0.25」と入力します

f:id:baba_s:20201206182037p:plain

さらに、「Looping」をチェックします

これで、宝石のエフェクトのサイズを調整し、
宝石のエフェクトがループ再生されるようになりました

動作確認

f:id:baba_s:20201206182045p:plain

作成した宝石のプレハブをシーンに配置して

f:id:baba_s:20201206182050p:plain

配置した宝石のオブジェクトを選択して、
「Position」(位置)に適当な数値を入力してシーンに並べて、

f:id:baba_s:20180331174832g:plain

Unity を再生することで、宝石のエフェクトが確認できます

f:id:baba_s:20201206182102p:plain

確認が完了したら、確認用にシーンに配置した宝石のオブジェクトを
Delete キーを押して

f:id:baba_s:20201206182112p:plain

削除しておきます

次回は、敵を倒したら宝石を落とすようにしていきます

次のチュートリアル

チュートリアル一覧