コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity 入門】全方位シューティングを作る 第19回 BGM の実装

目次

前回のチュートリアル

はじめに

前回は、プレイヤーのレベルアップを作成しました
今回は、BGM を実装していきます

BGM を再生するオブジェクトの作成

まずは、BGM を再生するオブジェクトを作成していきます

f:id:baba_s:20180331200458p:plain

Hierarchy の「Create>Create Empty」を選択します

f:id:baba_s:20180331200451p:plain

次に、作成した「GameObject」を選択して、「AudioManager」と名前を付けます

BGM を再生する機能の追加

次に、作成したオブジェクトに BGM を再生する機能を追加します

f:id:baba_s:20180331200637p:plain

「AudioManager」を選択して「Add Component」ボタンを押して、
入力欄に「AudioSource」と入力して、
表示された「Audio Source」を選択します

f:id:baba_s:20180331200926p:plain

そして、「space-shooter/music」フォルダの「1」を、
「Audio Clip」の欄にドラッグして設定します

f:id:baba_s:20180331201024p:plain

最後に、「Loop」(ループ再生するかどうか)をチェックします

これで Unity を再生すると、BGM が鳴るようになったことが確認できます

おまけ:BGM を変える

f:id:baba_s:20180331201207p:plain

「space-shooter/music」フォルダには、他にも BGM がいくつか用意されているので、
好きな BGM を「AudioClip」の欄ドラッグして設定してみて頂ければと思います

おまけ:ミュートにする

f:id:baba_s:20180331201411p:plain

Unity エディタで作業している時に、オーディオをミュートにしたい場合は、
Game ウィンドウ右上の「Mute Audio」を押して頂ければと思います

次回は、SE を実装していきます

次のチュートリアル

チュートリアル一覧