コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】アタッチされているコンポーネントやアセットのプロパティ欄を表示する「InlineEditor」属性

目次

「InlineEditor」属性

「InlineEditor」属性を使用すると
アタッチされているコンポーネントやアセットのプロパティ欄を
その場に表示できるようになります

そのため、該当するコンポーネントやアセットを選択せずとも
その場でパラメータの調整ができるようになります

例 1

f:id:baba_s:20170720153114p:plain

using Sirenix.OdinInspector;
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    [InlineEditor]
    public Transform trans;

    [InlineEditor( InlineEditorModes.FullEditor )]
    public Material mat1;

    [InlineEditor( InlineEditorModes.GUIAndHeader )]
    public Material mat2;
}

例 2

f:id:baba_s:20170720153122p:plain

using Sirenix.OdinInspector;
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    [InlineEditor( InlineEditorModes.SmallPreview )]
    public Material mat1;
    
    [InlineEditor( InlineEditorModes.LargePreview )]
    public Material mat2;
}

使い方

下記の様に記述するだけで使用できます

[InlineEditor]
public Transform trans;

引数に InlineEditorModes を設定することで
表示内容を変更することができます

InlineEditorModes 内容
GUIOnly GUI のみ表示します
GUIAndHeader ヘッダー付きで GUI を表示します
GUIAndPreview プレビュー付きで GUI を表示します
SmallPreview 小さめのプレビューを表示します
LargePreview 大きめのプレビューを表示します
FullEditor ヘッダー付きの GUI とプレビューを表示します

参考サイト様

Sirenix - Odin Inspector : InlineEditorAttribute