コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity 5.3 新機能「DelayedAttribute」

Unity 5.3 から「UnityEngine.DelayedAttribute」が追加されました

using UnityEngine;

public class ExampleClass : MonoBehaviour 
{
    public int value;

    void Update()
    {
        Debug.Log( value );
    }
}

例えば上記のようなクラスをオブジェクトにアタッチして
エディタ再生中にInspectorでvalue変数の値を変更した場合
即座にログに出力される値が変化しますが

using UnityEngine;

public class ExampleClass : MonoBehaviour 
{
    [Delayed] public int value;

    void Update()
    {
        Debug.Log( value );
    }
}

このようにvalue変数にDelayed属性を適用して
エディタ再生中にInspectorでvalue変数の値を変更した場合
エンターキーを入力するまでログに出力される値が変化しません

参考サイト様