コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

2017-08-01から1日間の記事一覧

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】文字列を複数行表示できる「MultiLineProperty」属性

目次 「MultiLineProperty」属性 「MultiLineProperty」属性を使用すると Inspector で文字列を複数行に分けて表示することができます using Sirenix.OdinInspector; using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { // Unity [Multiline( 3 )] …

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】設定できる値を制限できる「MinValue」「MaxValue」属性

目次 「MinValue」「MaxValue」属性 「MinValue」「MaxValue」属性を使用すると Inspector で設定できる値の最小値と最大値を設定できるようになります using Sirenix.OdinInspector; using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { [MinValue(…

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】最小値と最大値の範囲を設定できる「MinMaxSlider」属性

目次 「MinMaxSlider」属性 「MinMaxSlider」属性を使用すると Inspector で最小値と最大値の範囲を設定できるようになります using Sirenix.OdinInspector; using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { [MinMaxSlider( -10, 10 )] public V…

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】パラメータの内容を編集不可能な文字列で表示する「DisplayAsString」属性

目次 「DisplayAsString」属性 「DisplayAsString」属性を使用すると 変数やプロパティの内容を、 編集不可能な文字列で Inspector に表示できます using Sirenix.OdinInspector; using System; using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { …

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】意図しない値が設定されたらエラーメッセージを表示する「ValidateInput」属性

目次 「ValidateInput」属性 「ValidateInput」属性を使用すると 意図しない値が設定された時にエラーメッセージを表示できるようになります using Sirenix.OdinInspector; using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { [ValidateInput( "Has…

【Unity】【Odin - Inspector and Serializer】Project 内のアセットや、Scene 上のオブジェクトやコンポーネントのみをアタッチ可能にする「AssetsOnly」「SceneObjectsOnly」属性

目次 「AssetsOnly」「SceneObjectsOnly」属性 「AssetsOnly」属性を使用すると Project 内のアセットのみアタッチできるようになります 「SceneObjectsOnly」属性を使用すると Scene 上のオブジェクトやコンポーネントのみ アタッチできるようになります us…