コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity 2018.3.0b1 で C# 7.2 を使用する方法

はじめに

Unity 2018.3.0b1 から C# 7.2 が使用できるようになりました
基本的には特に何も設定しなくても C# 7.2 の機能が使用できますが、
現在使用している Visual Studio のバージョンによっては
.NET SDK を追加でインストールする必要があります

f:id:baba_s:20180912203801p:plain

Unity から Visual Studio を起動したときに、
上記のようなダイアログが表示された場合は、
赤枠をチェックして「OK」ボタンを押します

f:id:baba_s:20180912203916p:plain

そして、上記のページがブラウザで表示されたら
「.NET Framework 4.7.1」の「Developer Pack」を選択します

そして、ダウンロードした「NDP471-DevPack-ENU.exe」を起動して
指示に従ってインストールを進めることで、Unity で C# 7.2 が使用できるようになります

C# 7.2 の機能の使用

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    readonly struct Point
    {
        public readonly int X;
        public readonly int Y;

        public Point( int x, int y ) => ( X, Y ) = ( x, y );
    }

    void Start()
    {
        var pt = new Point( 1, 2 );
        Debug.Log( pt.X + ", " + pt.Y );
    }
}

C# 7.2 から使用できる、readonly struct や

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        var vec = new Vector3();
        vec.Hoge();
        Debug.Log( vec );
    }
}

public static class Vector3Ext
{
    public static void Hoge( ref this Vector3 self )
    {
        self.x = 1;
        self.y = 2;
        self.z = 3;
    }
}

参照渡しの拡張メソッドも問題なく使用できます

関連記事