コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】シンボルを簡単に定義できるエディタ拡張「SymbolCatalog」紹介

はじめに

「SymbolCatalog」はシンボルを簡単に定義できるエディタ拡張です

使い方

f:id:baba_s:20180804203050p:plain

Unity メニューの「Coffe>Symbol Catalog」を選択します

f:id:baba_s:20180804203321p:plain

すると、シンボルを編集できるウィンドウが表示されます

f:id:baba_s:20180804203330p:plain

「+」ボタンを押して、シンボルやヘッダー、区切り線を追加できます

f:id:baba_s:20180804203337p:plain

シンボルを追加するとこのような表示になります

f:id:baba_s:20180804203342p:plain

有効化したいシンボルをチェックして「Apply to」のボタンを押すと設定を適用できます

  • All Targets:すべてのプラットフォームに適用します
  • Current:現在のプラットフォームに適用します