読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Editor Console Pro でゲーム開発効率化

Unity Asset Store

Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2014 Summer!」の
8/8 分を担当させていただく baba_s です。よろしくお願いします!

昨日は椿さまによる「ゲームパットを複数挿してプレイしよう」でした

本日は「Editor Console Pro」というアセットを紹介させていただきます

Editor Console Pro

Editor Console Pro は Unity エディタの標準の Console ウィンドウよりも
高機能な Console ウィンドウが使えるようになるアセットです

標準の Console ウィンドウでは
「Info」「Warning」「Error」の 3 種類でしかフィルタリングされませんが
Console Pro を使うと自分でフィルタリングの設定を増やすことができます
他にも下記のような機能が備わっています

  • 色分け
  • ログを出力したファイル名の表示
  • ログを出力したクラスと関数名の表示
  • ログを出力した時間の表示
  • 右クリックでログやスタックトレースのコピー
  • ログをテキストファイルにエクスポート

ログの詳細情報を Unity エディタ上で手軽に確認できるようになるので
エラーや警告の原因の特定までの時間を短縮できます

Console Pro のウィンドウの開き方

Unity エディタのメニューの「Window>Console Pro」を選択するか「Ctrl + \」キーを押します

f:id:baba_s:20140807102624p:plain

Console ウィンドウと Console Pro ウィンドウの比較

Console ウィンドウ

f:id:baba_s:20140807102700p:plain

Console Pro ウィンドウ

f:id:baba_s:20140807102714p:plain

Console Pro ウィンドウでは警告ログは黄色、エラーログは赤色で表示されたり
ログを出力したファイルやクラス関数の名前が見やすく表示されたり
ログを出力したソースの該当箇所が表示されたりします

標準の Console ウィンドウだとエラーも例外も赤色で表示されますが
Console Pro ウィンドウだと例外は紫色で表示されるのも個人的にはありがたいです

各ボタンの説明

Collapse

重複したログを重ねて表示します(Console ウィンドウと同じです)

Clear

ゲーム実行時にコンソールのログを全削除します(Console ウィンドウと同じです)

Error

エラー発生時に自動でゲームを一時停止します(Console ウィンドウと同じです)

Color

ログを色分けします

f:id:baba_s:20140807200554p:plain

File

ログを出力したファイルの名前を表示します

f:id:baba_s:20140807200601p:plain

Class

ログを出力したクラスと関数の名前を表示します

f:id:baba_s:20140807200608p:plain

Time

ログを出力した時間を表示します

f:id:baba_s:20140807200614p:plain

Stack

選択中のログのスタックトレースを表示します

f:id:baba_s:20140807200619p:plain

Src

選択中のログを出力したソースの該当箇所を表示します

f:id:baba_s:20140807200625p:plain

Prefs

ConsolePro Prefs ウィンドウを開きます

ConsolePro Prefs ウィンドウ

Console Pro の設定画面です

f:id:baba_s:20140807200841p:plain

New Filter

新しいフィルターを追加します
新しいフィルターを追加すると特定のログのみ抽出して
Console Pro ウィンドウに表示できるようになります

f:id:baba_s:20140807201725p:plain

項目 内容
"Custom" ここにフィルターの名前を設定
Enabled フィルターを有効にするかどうか
Show in toolbar ツールバーに表示するかどうか
Log type 検索対象のログの種類
Search in 検索対象の文字列
Search string 検索する文字列
Color 色分け時に使用する色
Max log size

ログの保存数

Ignore compiler warnings

コンパイル時に警告の出力を無視するかどうか

Autoscroll to new logs

新しいログが出力された時に Console Pro の表示を自動でスクロールするかどうか

Hide filter toolbar buttons when 0 matches

1 つも条件を満たすログがないフィルタのボタンを表示するかどうか

Reset settings to default

設定を初期化するボタン

Console Pro は現在 $25(約2,500円) しますが
買ってしまえばどんな Unity のプロジェクトでも有効に活用できるので
よく Debug.Log を使用する方にはとてもオススメです

明日は hecomi さまによる 「Shader Forge で遊んでみよう」です!