コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】uGUI で iPhone X のセーフエリアに対応できる「iPhone X Overlay」紹介

はじめに

「iPhone X Overlay」を Unity プロジェクトに導入することで
uGUI で iPhone X のセーフエリアに対応できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20190103115426g:plain

f:id:baba_s:20190103115521g:plain

使い方

f:id:baba_s:20190103115537p:plain

uGUI で Image オブジェクトに「SafeAreaPadding」をアタッチして
その子オブジェクトに uGUI のオブジェクトを配置していくことで
iPhone X のセーフエリアを考慮して UI を実装できます

f:id:baba_s:20190103115653p:plain

Unity メニューの「Window > General > Notch Simulator」を選択して

f:id:baba_s:20190103115714p:plain

「Simulate」をオンにすると Game ビューに iPhone X のセーフエリアを表示できます