コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Profiler のログを保存・読み込みできる「UnityProfileIntervalSave」紹介

はじめに

「UnityProfileIntervalSave」を Unity プロジェクトに導入することで、
Profiler のログを保存・読み込みできるようになります

使い方

f:id:baba_s:20180415144826p:plain

Unity メニューの「Tools>ProfilerIntervalSave」を選択すると、

f:id:baba_s:20180415144958p:plain

このウィンドウが表示されます
そして、Unity 標準の Profiler も表示した状態でゲームを再生すると、

f:id:baba_s:20180415145330p:plain

「Working DIrectory」の入力欄に設定したフォルダに
Profiler のログが自動で保存されていきます

f:id:baba_s:20180415145247p:plain

そして、「Viewer」タブを選択して、見たいログのボタンを押すと、
Profiler にそのログが反映されます

エラー

File 'XXXX' could not be opened.
UnityEngine.Profiling.Profiler:AddFramesFromFile(String)
ProfilerIntervalSave:OnGUIViewer() (at Assets/ProfilerIntervalSave/Editor/ProfilerIntervalSave.cs:284)
ProfilerIntervalSave:OnGUI() (at Assets/ProfilerIntervalSave/Editor/ProfilerIntervalSave.cs:102)
UnityEngine.GUIUtility:ProcessEvent(Int32, IntPtr)

もし、ログを読み込む時に上記のエラーが発生する場合は、
ProfilerIntervalSave.cs の 284 行目に下記のコードを追加します

path += ".data";