コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Post Processing Stack v2 で距離に応じて色味を変更できるフォグを使用できる「Stylized Fog」紹介

はじめに

上記のサイト様が紹介されている「Stylized Fog」を Unity プロジェクトに導入することで
Post Processing Stack v2 で距離に応じて色味を変更できるフォグを
使用できるようになります

使用例

適用前

f:id:baba_s:20190421111140p:plain

適用後

f:id:baba_s:20190421111149p:plain

f:id:baba_s:20190421111152p:plain

f:id:baba_s:20190421111202p:plain

f:id:baba_s:20190421111206p:plain

f:id:baba_s:20190421111209p:plain

f:id:baba_s:20190421111213p:plain

f:id:baba_s:20190421111217p:plain

使い方

上記のスクリプトとシェーダを Unity プロジェクトに追加します

f:id:baba_s:20190421111317p:plain

Profile の「Custom > Stylized Fog」を選択して

f:id:baba_s:20190421111323p:plain

「Post Process_Stylized Fog」を有効にします

f:id:baba_s:20190420201618p:plain f:id:baba_s:20190420201621p:plain f:id:baba_s:20190420201624p:plain f:id:baba_s:20190420201627p:plain

f:id:baba_s:20190420201630p:plain f:id:baba_s:20190420201632p:plain f:id:baba_s:20190420201635p:plain

そして、上記のようなフォグの色味をあらわすテクスチャを Unity プロジェクトに追加して

f:id:baba_s:20190421111409p:plain

Profile の「Stylized Fog Texture」の欄に設定します

あとは作成した Profile を Post Process Volume に設定すると、
フォグが適用されることが確認できます