コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】3D オブジェクトを光らせることができる「Glow Effect (Mobile Friendly)」紹介

はじめに

「Glow Effect (Mobile Friendly)」を Unity プロジェクトに導入することで
3D オブジェクトを光らせることができるようになります

使用例

適用前

f:id:baba_s:20190203195153p:plain

適用後

f:id:baba_s:20190203195157p:plain

導入方法

https://game-asset.net/unity/shaders/1185-glow-effect-mobile-friendly-v144.html

上記サイトの「Download:Hitfile」を選択してダウンロードした .zip ファイルを展開して
展開したフォルダ内に含まれている「Glow Effect (Mobile Friendly) v1.4.4.unitypackage」を
Unity プロジェクトにインポートすることで導入できます

クイックスタート

f:id:baba_s:20190203194856p:plain

マテリアルを作成して Shader を「Glow Effect/Glow」に変更します

f:id:baba_s:20190203194859p:plain

光らせたいオブジェクトに作成したマテリアルを設定します

f:id:baba_s:20190203194902p:plain

シーンのカメラに「Glow Effect」をアタッチします

f:id:baba_s:20190203194905p:plain

「Glow Effect」の「Material」に「GlowEffect」マテリアルを設定して、
「Replacement Shader」に「GlowReplace」シェーダを設定します

f:id:baba_s:20190203195337p:plain

「Glow Effect」の「Downsample Size」を調整することで光の強さを変更できます

関連記事