コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】豊富にカスタマイズ可能なスプライト用のシェーダを使用できる「NextGen Sprites」紹介

はじめに

「NextGen Sprites」を Unity プロジェクトに導入することで
豊富にカスタマイズ可能なスプライト用のシェーダを使用できるようになります

使用例 その1

f:id:baba_s:20190106181405g:plain

使用例 その2

適用前

f:id:baba_s:20190106181515p:plain

適用後

色相変更

f:id:baba_s:20190106181610p:plain

グレーアウト

f:id:baba_s:20190106181616p:plain

輝度変更

f:id:baba_s:20190106181624p:plain

コントラスト変更

f:id:baba_s:20190106181643p:plain

UV スクロール

f:id:baba_s:20190106181638p:plain

ライト反映

f:id:baba_s:20190106181649p:plain

ディゾルブ

f:id:baba_s:20190106181654p:plain

使い方

詳細な使い方は上記のページでまとめられています

f:id:baba_s:20190106184611p:plain

マテリアルの Shader を「NextGenSprites」の中のいずれかに設定することで使用できます

f:id:baba_s:20190106184752p:plain

色相や UV スクロールの設定はこのタブで、

f:id:baba_s:20190106184755p:plain

曲率マップの設定はこのタブで、

f:id:baba_s:20190106184758p:plain

リフレクションの設定はこのタブで、

f:id:baba_s:20190106184801p:plain

ディゾルブの設定はこのタブで行います