コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Visual Studio や Rider 上でプラットフォームを切り替えてコードの確認ができる「Unity-SlnGen」紹介

はじめに

「Unity-SlnGen」を Unity プロジェクトに導入することで
Visual Studio や Rider 上でプラットフォームを切り替えて
コードの確認ができるようになります

使用例

f:id:baba_s:20181118112149g:plain

インストール手順

https://github.com/jhett12321/Unity-Slngen/releases

上記のページから「SlnGen.unitypackage」をダウンロードして
Unity プロジェクトにインポートすると使用できるようになります

正常に動作しない場合は、使用しているツールのバージョンが
対応してない可能性があります

対応バージョン

  • Unity 2018.1 以上
  • Visual Studio 2017、Rider 2018