コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】2D のメタボールシェーダを導入する

はじめに

上記のサイト様が公開されている「Unlit-AlphaTest.shader」を
Unity プロジェクトに導入することで、
2D のメタボールシェーダを使用できるようになります

使用例

f:id:baba_s:20180916220621g:plain

導入方法

上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します

f:id:baba_s:20180916215750p:plain

シェーダを使用したいマテリアルの Shader を
「Custom/Transparent Cutout」に変更します

f:id:baba_s:20180916215906p:plain

マテリアルのパラメータを設定します
(テクスチャには RenderTexture を設定します)

f:id:baba_s:20180916220103p:plain

シーンにメタボール描画用のカメラを作成して、
「Culling Mask」にメタボールのオブジェクトのレイヤーを設定します
また、「Target Texture」に RenderTexture を設定します

f:id:baba_s:20180916220410p:plain

メタボールとして描画したいオブジェクトのレイヤーに専用のレイヤーを設定します

f:id:baba_s:20180916220621g:plain

これでシェーダを使用できます

補足

https://drive.google.com/uc?export=download&id=0B9Ohky4fsmzUYU5tY05xVWlRWlU

サンプルプロジェクトはこちらからダウンロードできます

関連記事