コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Tinder のような UI を実装できる「Unity-SwipeableView」紹介

はじめに

「Unity-SwipeableView」を Unity プロジェクトに導入することで
Tinder のような UI を実装できるようになります

使用例(引用)

f:id:baba_s:20180825151536g:plain f:id:baba_s:20180825151635g:plain

使い方

public class CardData
{
    public string m_text;

    public CardData( string text )
    {
        m_text = text;
    }
}

カードに表示するデータを管理するクラスを定義します

using SwipeableView;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI;

public class CardUI : UISwipeableCard<CardData>
{
    public CanvasGroup  m_groupUI;
    public Text         m_textUI;

    public override void UpdateContent( CardData data )
    {
        m_textUI.text = data.m_text;
    }

    public override void SwipingToRight( float rate )
    {
        m_groupUI.alpha = 1 - rate;
    }

    public override void SwipingToLeft( float rate )
    {
        m_groupUI.alpha = 1 - rate;
    }
}

UISwipeableCard クラスを継承して
カードの UI を制御するコンポーネントを定義します

using SwipeableView;
using System.Collections.Generic;

public class ViewUI : UISwipeableView<CardData>
{
    public void UpdateData( List<CardData> data )
    {
        base.Initialize( data );
    }
}

UISwipeableView クラスを継承して
ビューを制御するコンポーネントを定義します

using SwipeableView;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    public ViewUI m_viewUI;

    private void Start()
    {
        var list = new List<CardData>
        {
            new CardData( "フシギダネ"  ),
            new CardData( "フシギソウ"  ),
            new CardData( "フシギバナ"  ),
            new CardData( "ヒトカゲ"    ),
            new CardData( "リザード"    ),
            new CardData( "リザードン"  ),
            new CardData( "ゼニガメ"    ),
            new CardData( "カメール"    ),
            new CardData( "カメックス"  ),
        };

        m_viewUI.UpdateData( list );
    }

    private void Update()
    {
        if ( Input.GetKeyDown( KeyCode.LeftArrow ) )
        {
            m_viewUI.AutoSwipeTo( Direction.Left );
        }
        else if ( Input.GetKeyDown( KeyCode.LeftArrow ) )
        {
            m_viewUI.AutoSwipeTo( Direction.Right );
        }
    }
}

定義したビューを操作するクラスを作成します

f:id:baba_s:20180825152002p:plain

カードの UI を作成してプレハブ化して、
カードの UI を制御するコンポーネントをアタッチします

f:id:baba_s:20180825152013p:plain

ビューの UI を作成して、ビューを制御するコンポーネントと
「UISwiper」をアタッチします

f:id:baba_s:20180825152019p:plain

空のゲームオブジェクトにビューを操作するコンポーネントをアタッチします

f:id:baba_s:20180825152207g:plain

これで Tider のような UI を実装できます