コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】テクスチャ、モデル、サウンドのインポート時の設定を監視できる「AssetAuditor」紹介

はじめに

「AssetAuditor」を Unity プロジェクトに導入することで
テクスチャ、モデル、サウンドのインポート時の設定を監視できるようになります

使い方

ルールの作成

f:id:baba_s:20180816173531p:plain

Unity メニューの「Asset Auditing>New Audit Rule」を選択して

f:id:baba_s:20180816173543p:plain

表示されたウィンドウでルールを設定します

項目 内容
Rule Name ルール名
Wild Card Matching Type ワイルドカードのマッチングタイプ
Name Contains:指定した文字列が含まれるかどうか
Regex:指定した正規表現にマッチするかどうか
Wild Card ワイルドカードのマッチングで使用する文字列
Selective Mode 特定の設定のみ上書きする場合、チェックする
Rule Type ルールを適用するアセットの種類
(テクスチャ、モデル、サウンド)

ルールを設定したら「Create New Texture Rule」を押します

f:id:baba_s:20180816173550p:plain

これで、ルールを管理するファイルが作成されるので、
条件にマッチするアセットの設定をどのように上書きするか指定します

ルールの適用

f:id:baba_s:20180816174214p:plain

Unity メニューの「Asset Auditing>Auditor View」を選択すると

f:id:baba_s:20180816174223p:plain

ルールを適用できるアセットが一覧で表示されます

「Fix」ボタンを押すと、そのアセットにルールを適用できます
「Fix All」ボタンを押すと、条件にマッチするすべてのアセットにルールを適用できます