コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】【Odin Inspector 2.0 新機能】表示領域に合わせてボタンのサイズを自動調整できる「ResponsiveButtonGroup」

アセット

概要

using Sirenix.OdinInspector;
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    [ResponsiveButtonGroup( UniformLayout = true, DefaultButtonSize = ButtonSizes.Large )]
    public void FooFooFooFooFoo() { }

    [GUIColor( 0, 1, 0 )]
    [Button( ButtonSizes.Large )]
    [ResponsiveButtonGroup]
    public void BarBarBarBarBar() { }

    [ResponsiveButtonGroup]
    public void BazBazBazBazBaz() { }
}

f:id:baba_s:20180814154529g:plain

「ResponsiveButtonGroup」属性を使用することで
表示領域に合わせてボタンのサイズを自動調整できます

参考サイト様