コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できる「OpenTerminal」紹介(無料)

概要

2018/1/4 に「OpenTerminal」がリリースされました

 
「OpenTerminal」を導入すると、
ゲーム内にチートコードを実行するターミナルを追加できるようになります

検証環境

  • Unity 2018.2.2f1
  • OpenTerminal 1.0

使い方

f:id:baba_s:20180804170847p:plain

シーンのオブジェクトに「Terminal」コンポーネントをアタッチします

f:id:baba_s:20180804170853p:plain

「Config」の欄に「Assets/OpenTerminal/Resources/Config」内のファイルを設定します
(ターミナルで表示するテキストの内容や色が変化します)

f:id:baba_s:20180804170900p:plain

この状態でゲームを実行して「`」を押すとターミナルが起動します
モバイルであれば、画面を4回タッチするとターミナルが起動します

f:id:baba_s:20180804170908p:plain

ターミナルを起動した状態で「help」と入力して Enter を押すと、
使用できるコマンドの一覧が確認できます

using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    [Command( "log", "ログ出力します" )]
    public void Log()
    {
        Debug.Log( "ピカチュウ" );
    }
}

コマンドを自作したい場合は、public な関数にコマンド属性を適用します
例えば、上記のようなスクリプトを作成して、シーンのオブジェクトにアタッチして

f:id:baba_s:20180804170918p:plain

ターミナルで「help」を実行すると、
自作したコマンドが追加されていることが確認できます

f:id:baba_s:20180804170940p:plain

そして、自作したコマンドの名前を入力して Enter を押すと、

f:id:baba_s:20180804170947p:plain

自作したコマンドが実行されることが確認できます

f:id:baba_s:20180804171433p:plain

コマンド名を途中まで入力した状態で Tab キーを押すと、
その名前を含むコマンドの一覧が表示されて、一覧からコマンドを選択することもできます