コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】NGUI の UISprite のように、設定されているアトラスからスプライトを選択できる Image「AtlasImage」紹介

はじめに

「AtlasImage」を Unity プロジェクトに導入することで
NGUI の UISprite のように、設定されているアトラスから
スプライトを選択できる Image を使用できるようになります

使い方

f:id:baba_s:20180519135018p:plain

Image の代わりに AtlasImage を使用します

f:id:baba_s:20180519135110p:plain

Sprite Name のプルダウンメニューを押すと、
Atlas に設定されているスプライトの一覧が表示され、
スプライトを選択することができます

f:id:baba_s:20180519135225p:plain

Image コンポーネントを右クリックして「Conver To AtlasImage」を選択すると、
Image を AtlasImage に変換することもできます

f:id:baba_s:20180519135330p:plain

プレビューウィンドウの「Border」を押すと、
スプライトのボーダーを設定することができます