コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity 入門】全方位シューティングを作る 第1回 Unity プロジェクトの準備

目次

はじめに

今回は、Unity プロジェクトを作成し、
ゲームの作成に必要な画像やサウンドを準備していきます

Unity プロジェクトの作成

まずは、全方位シューティングゲーム用の Unity プロジェクトを作成します

f:id:baba_s:20180331092831p:plain

Unity を起動して上記の画面が表示されたら、「New」を選択します

f:id:baba_s:20180331092840p:plain

「Project name」に「shooting-tutorial」と入力します
次に「Location」の「…」を押して、プロジェクトの保存場所を選択します
そして、「2D」をチェックして、「Create project」ボタンを押します

f:id:baba_s:20180331092852p:plain

これで、Unity プロジェクトが作成できました

エディタのレイアウトの変更

次は、作業をしやすくするために Unity エディタのレイアウトを変更します

f:id:baba_s:20180331092901p:plain

エディタの右上のボタンを押して、

f:id:baba_s:20180331092909p:plain

「2 by 3」を選択します

f:id:baba_s:20171207203536p:plain

そして、「Project」と書かれているタブの右側にある三本線のアイコンを押して、
「One Column Layout」を選択します

f:id:baba_s:20180331092939p:plain

これで、レイアウトの変更が完了しました

ゲーム画面のサイズの変更

今回作成するゲームは 4 : 3 の比率で作成するため、
エディタで表示されているゲーム画面のサイズを変更します

f:id:baba_s:20180331093932p:plain

Game ウィンドウの「Free Aspect」と書かれている箇所をクリックして

f:id:baba_s:20180331094034p:plain

「4:3」を選択します

f:id:baba_s:20180331094050p:plain

これで、ゲーム画面のサイズの比率が 4 : 3 になりました

アセットの用意

最後に、ゲームで使用する画像やサウンドを用意します

f:id:baba_s:20171123205544p:plain

今回は、ネットで公開されているフリー素材を使用させていただきます

まず、下記のページにアクセスします
https://sparklinlabs.itch.io/superpowers

f:id:baba_s:20180331093302p:plain

「Download Now」ボタンを押します

f:id:baba_s:20180331093311p:plain

「No thanks, just take me to the downloads」をクリックします

f:id:baba_s:20180331093319p:plain

「Superpowers Mega Asset Pack (1200+ files!)」の「Download」ボタンを押します

f:id:baba_s:20180331093326p:plain

ダウンロードした「superpowers-asset-packs-master.zip」を展開して、
展開したフォルダに含まれている「space-shooter」フォルダを、
Unity エディタの Project の欄にドラッグします

f:id:baba_s:20180331093335p:plain

これで、ゲームで使用する画像やサウンドの用意が完了しました

次のチュートリアル

チュートリアル一覧