コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Chrome の拡張機能を使用して、古い Unity ドキュメントを開いた際に自動で最新のドキュメントに切り替える方法

はじめに

テラシュールブログさんが紹介されているのですが、
ネットで Unity の情報を検索した際に、
古い Unity ドキュメントのページがヒットしてしまうことがあります

この記事では、Chrome の拡張機能を使用して
古い Unity ドキュメントを開いた際に
自動で最新のドキュメントに切り替える方法を紹介していきます

インストール

上記のページにアクセスして、「CHROME に追加」ボタンを押して
「TagMan URL Changer」を Chrome に追加します

f:id:baba_s:20180317173646p:plain

Chrome のツールバーに上記のアイコンが表示されたら追加完了です

設定

f:id:baba_s:20180317173754p:plain

アイコンを右クリックして「オプション」を選択します

f:id:baba_s:20180317173840p:plain

設定画面が表示されたら「Replacements」の欄を編集していきます

f:id:baba_s:20180317174038p:plain

まず、「add」を選択します

f:id:baba_s:20180317174125p:plain

次に、これらの入力欄に下記の文字列を設定します

  • 1行目
    • Search: https://docs.unity3d.com/jp/(.*)/ScriptReference/(.*)
    • Replace: https://docs.unity3d.com/jp/current/ScriptReference/$2
  • 2行目
    • Search: https://docs.unity3d.com/ja/(.*)/ScriptReference/(.*)
    • Replace: https://docs.unity3d.com/ja/current/ScriptReference/$2

そして、それぞれ「Regex」の項目をチェックします

f:id:baba_s:20180317174609p:plain

設定が終わったら「Save」ボタンを押します
画面右上に「Saved successfully」が表示されたら保存完了です

動作確認

正しく設定できたか確認してみます

https://docs.unity3d.com/jp/540/ScriptReference/Transform.html

上記は Unity 5.4 の頃の Transform のドキュメントの URL ですが、
リンク先に飛んでみると、

f:id:baba_s:20180317175000p:plain

https://docs.unity3d.com/jp/current/ScriptReference/Transform.html

URL の「540」の部分が「current」に置き換わり、
最新の Unity ドキュメントに切り替わっていることが確認できます

補足

f:id:baba_s:20180317175229p:plain

古い Unity ドキュメントを閲覧したい時は、ツールバーのアイコンをクリックすることで
「TagMan URL Changer」を一時的に無効化することができます
無効化している時はアイコンが灰色で表示されます