コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】uGUI で任意の図形や線を描画できる「Primitive UI」紹介($5.40)

f:id:baba_s:20180220210925p:plain

概要

 
2015/9/30 に「Primitive UI」がリリースされました
「Primitive UI」を導入すると、
uGUI で任意の図形や線を描画できるようになります

検証環境

  • Unity 2017.3.0f3
  • Primitive UI 1.1

使用例

f:id:baba_s:20180220211045p:plain

f:id:baba_s:20180220211053p:plain

f:id:baba_s:20180220211101p:plain

クイックスタート

f:id:baba_s:20180220211151p:plain

シーン内のキャンバスを右クリックして
「UI>Primitive Canvas」を選択して、
図形や線を描画するオブジェクトを作成します

using PrimitiveUI;
using UnityEngine;

public class Example : MonoBehaviour
{
    public PrimitiveCanvas canvas;
    public StrokeStyle style;

    private void Start()
    {
        canvas.Clear();
        canvas.DrawLine( new Vector2( 0, 0 ), new Vector2( 1, 1 ), style );
        canvas.DrawRectangle( 0, 0, 1, 1, style );
        canvas.DrawPath( new [] { new Vector2( 0, 0 ), new Vector2( 1, 1 ) }, style, false );
        canvas.DrawCircle( new Vector2( 0, 0 ), 1, style );
    }
}

そして、上記のようなコードを記述して使用します

関連記事