コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】VideoPlayer や WebCamPlayer でクロマキー合成を行うことができる「Chroma Key Kit」紹介($23.76)

f:id:baba_s:20171204142105p:plain

概要

2016/10/24 に「Chroma Key Kit」がリリースされました

「Chroma Key Kit」を導入すると、
VideoPlayer や WebCamPlayer でクロマキー合成を行うことができるようになります

検証環境

  • Unity 2017.1.1f1
  • Chroma Key Kit 2.0

マニュアル

https://nexweron.files.wordpress.com/2017/07/manual.pdf

使用例

例えば上記のようなグリーンバックの動画を

Unity に組み込んでこのように表示することができます

スクリーンショット

f:id:baba_s:20171204142502j:plain

f:id:baba_s:20171204142510j:plain

f:id:baba_s:20171204142517j:plain

f:id:baba_s:20171204142526j:plain

クイックスタート

Video Player の用意

f:id:baba_s:20171204143745p:plain

Hierarchy の「Create」から「3D Object>Quad」を選択します

f:id:baba_s:20171204143804p:plain

作成した「Quad」オブジェクトを選択して「Video Player」をアタッチします

f:id:baba_s:20171204143822p:plain

再生したい動画(MP4 など)を「Video Clip」に設定します

f:id:baba_s:20171204143938p:plain

Project ビューの「Create」から「Material」を選択します

f:id:baba_s:20171204144049p:plain

作成したマテリアルの「Shader」を「Unlit>Transparent」に変更します

f:id:baba_s:20171204144207p:plain

このマテリアルを「Quad」オブジェクトのマテリアルに設定します

クロマキーの設定

f:id:baba_s:20171204154546p:plain

空のゲームオブジェクトを作成して
下記の3つのコンポーネントをアタッチします

  • MSK Bridge Video Player
  • MSK Controller
  • Chroma Key_Alpha_General

f:id:baba_s:20171204154750p:plain

「MSK Bridge Video Player」の「Video Player」と「Msk Controller」に
それぞれ「Quad」オブジェクトと作成したゲームオブジェクトを設定します

f:id:baba_s:20171204154942p:plain

「MSK Controller」の「Components」の「Size」に「1」を入力して
「Element 0」に「Chroma Key_Alpha_General」を設定します

f:id:baba_s:20171204155034p:plain

最後に「Chroma Key_Alpha_General」で色の抜き方を設定して
ゲームを実行すると Video Player でクロマキー合成が行えることが確認できます