コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】「Shader Weaver」チュートリアル10 - モザイクを使う

はじめに

この記事では、「Shader Weaver」でブラーの使い方を紹介していきます

チュートリアルのまとめはこちら

前回のチュートリアル

このチュートリアルで作るモノ

f:id:baba_s:20170929143511g:plain

動画

この記事は上記の動画の一部翻訳となります

ノードの準備

f:id:baba_s:20170929114320p:plain

Project ビューで「ShaderWeaver/Textures」フォルダを開いて
「flame」テクスチャを ROOT ノードに設定します

f:id:baba_s:20170929142443p:plain

Retro ノードを追加します

f:id:baba_s:20170929142459p:plain

retro1 ノードと ROOT ノードを連結します

f:id:baba_s:20170929142517p:plain

retro1 ノードの「Amount」の値を「0.2」くらいに変更します

f:id:baba_s:20170929142542p:plain

「+」ボタンを押します

f:id:baba_s:20170929142551p:plain

「[Custom Parameters]」の欄で
「rate」と入力して「New Range」ボタンを押します

f:id:baba_s:20170929142614p:plain

ratro1 ノードのプルダウンメニューを選択して「rate」に変更します

f:id:baba_s:20170929142641p:plain

以上のノードの準備が完了です

シェーダの保存

f:id:baba_s:20170929142723p:plain

「ShaderWeaver」ウィンドウの「Save」を選択してシェーダを保存します
ファイル名は「tutorial10.shader」にします

f:id:baba_s:20170929142811p:plain

Project ビューにこれらのファイルが追加されていればシェーダの作成が完了です

作成したシェーダの使用

f:id:baba_s:20170928163033p:plain

Unity メニューの「GameObject>3D Object>Quad」を選択します

f:id:baba_s:20170929142955p:plain

Hierarchy で作成した「Quad」オブジェクトを選択して
Inspector のマテリアルの設定欄に
Project ビューの「tutorial10」マテリアルをドラッグして設定します

f:id:baba_s:20170928163552p:plain

「Quad」オブジェクトの大きさを適当に設定します ( x: 5、y: 5 など )

f:id:baba_s:20170929143335g:plain

Unity を実行して、Quad の Inspector で「rate」の値を変更すると
モザイクが正常に動作することが確認できます

以上がモザイクの使い方になります

次のチュートリアル