コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity 5.1 新機能「UnityEngine.CreateAssetMenuAttribute」

Unity 5.1 で「UnityEngine.CreateAssetMenuAttribute」が追加されました
この属性をScriptableObjectを継承したクラスに適用することで
そのクラスの.assetを「Assets>Create」メニューから作成できるようになります

using UnityEngine;

[CreateAssetMenu]
public class ExampleClass : ScriptableObject
{
}

f:id:baba_s:20150610121208p:plain

f:id:baba_s:20150610121213p:plain

f:id:baba_s:20150610121219p:plain

今まではScriptableObjectを継承したクラスの.assetを作成するときは
エディタ拡張で機能を追加する必要がありましたが、その必要がなくなりました

作成されるファイルの名前やメニューの表示名、
メニューの表示順序を引数で指定することも可能です

using UnityEngine;

[CreateAssetMenu( fileName = "hoge", menuName = "hoge", order = 1 )]
public class ExampleClass : ScriptableObject
{
}

参考サイト様

類似記事