コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】テクスチャのファイル名によってフォーマットを自動で変更するクラス

using System.IO;
using UnityEditor;
using UnityEngine;

public sealed class TexturePostprocessor : AssetPostprocessor
{
    private void OnPreprocessTexture()
    {
        var importer = assetImporter as TextureImporter;
        
        importer.filterMode     = FilterMode.Bilinear;
        importer.mipmapEnabled  = false;
        importer.textureFormat  = TextureImporterFormat.ARGB16;
        importer.textureType    = TextureImporterType.Advanced;
        importer.wrapMode       = TextureWrapMode.Clamp;
        
        var filename = Path.GetFileNameWithoutExtension(importer.assetPath);
        if (filename.EndsWith("_32"))
        {
            importer.textureFormat  = TextureImporterFormat.ARGB32;
        }
    }
}

グラデーションを使用しているテクスチャのフォーマットを
「Compressed」や「ARGB 16 bit」にすると綺麗に表示されないので
普段はグラデーションを使用しているテクスチャのフォーマットは
「ARGB 32 bit」で設定するようにデザイナーさんにお願いしているのですが
毎回Inspectorからグラデーションのテクスチャの設定を変更するのが面倒なので

最近は上記のようなクラスをEditorフォルダの階層に入れておいて
テクスチャのファイル名の末尾に「_32」と書いてある場合は
テクスチャのフォーマットを自動で「ARGB 32 bit」に変更するようにしています