コガネブログ

平日更新を目標にUnityやC#、Visual Studioなどのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Unity 2018.3.0b1 新機能「Find references in scene」

概要 Scene に配置されているオブジェクトを選択して、 Inspector でコンポーネントを右クリックして「Find references in scene」を選択すると そのコンポーネントを参照しているオブジェクトを Hierarchy で検索することができます

【Unity】Unity 2018.3.0b1 から EditorWindow のタイトルに全角12文字入るようになった

概要 using UnityEditor; public class Hoge : EditorWindow { [MenuItem( "Tools/Hoge" )] private static void Open() { GetWindow<Hoge>( "ここに12文字まで入るみたいです" ); } }</hoge>

【Unity】Unity 2018.3.0b1 新機能「Start in fullscreen mode」

概要 Android プラットフォームの「PlayerSettings」に 「Start in fullscreen mode」が追加されました 「Start in fullscreen mode」がオン 「Start in fullscreen mode」がオフ

【Unity】Unity 2018.3.0b1 で C# 7.2 を使用する方法

はじめに Unity 2018.3.0b1 から C# 7.2 が使用できるようになりました 基本的には特に何も設定しなくても C# 7.2 の機能が使用できますが、 現在使用している Visual Studio のバージョンによっては .NET SDK を追加でインストールする必要があります Unity…

【Unity】Unity 2018.3.0b1 新機能「Settings」

概要 Unity の Project Settings や Player Settings の項目が、 Unity のメニューの「Edit>Settings」に統合されました

【Unity】Unity 2018.3.0b1 新機能「UIElements Debugger」

概要 いずれかのウィンドウを右クリックして「UIElements Debugger」を選択すると 「UIElements Debugger」ウィンドウを起動することができます

【Unity】Unity 2018.3.0b1 新機能「Clear All PlayerPrefs」

概要 Unity メニューの「Edit>Clear All PlayerPrefs」を選択すると PlayerPrefs で保存したデータをすべて削除することができます

【Unity】Unity 2018.2.0b1 から、エディタ再生中にスクリプトを変更した時の挙動を設定できるようになった

概要 Unity 2018.2.0b1 から、 エディタ再生中にスクリプトを変更した時の挙動を設定できるようになった 項目 内容 Recompile And Continue Playing エディタ再生中にコンパイル(今までどおり) Recompile After Finished Playing エディタ再生終了後にコン…

【Unity】スクリプトのコンパイル時間を大幅に短縮し、C# 7.2 の機能を使用できる「Unity Incremental Compiler」の導入方法を紹介

はじめに https://forum.unity.com/threads/unity-incremental-c-compiler.523993/ Unity 2018.1b12 以降で使用できる「Unity Incremental Compiler」が公開されました これは、次世代コンパイラと呼ばれる「Roslyn」を Unity で使用し、 変更があった部分だ…

【Unity】Unity 2018 ベータ版の新機能を紹介しているサイト様まとめ

はじめに Unity 2018 ベータ版から使用できる新機能について、 紹介しているサイト様(このブログを含む)の記事をリストアップしました Shader Graph Shader Graph の触り方 サンプル集「A compilation of ShaderGraph Examples for Unity 2018.1」紹介 サ…

【Unity】Unity 2018 から使用できる「SpriteShape」紹介

はじめに Unity 2018.1b10 以降で使用できる 2Dの「SpriteShape」のサンプルが GitHub で公開されています この記事では、「SpriteShape」の導入方法と簡単な使い方を紹介していきます 目次 はじめに 目次 使用例 フォーラム プレビュー版のドキュメント イ…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Show Timestamp」

概要 Unity 2018.1.0b2 から、Console ウィンドウで ログが出力された時間を表示できるようになりました 使用例 デフォルトではこのような表示ですが、 Console ウィンドウ右上の三本線のアイコンをクリックして、 「Show Timestamp」を選択すると、 ログが…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「PositionConstraint」

はじめに Unity 2018.1.0b2 の新機能の「PositionConstraint」を使用することで オブジェクト間の位置取りを調整できるようになります 使用例 使い方 オブジェクトに「Position Constraint」コンポーネントをアタッチして 「Constraint Settings」の「Source…

【Unity】Shader Graph の触り方

注意(2018/5/8) この記事は Unity 2018 がまだベータ版だった頃に書かれた記事で、 導入手順などが古いためご了承ください はじめに Unity 2018.1.0b2 からノードベースのシェーダエディタ 「Shader Graph」が使えるようになりました https://forum.unity.…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Profiler.GetAllocatedMemoryForGraphicsDriver」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/Profiling.Profiler.GetAllocatedMemoryForGraphicsDriver.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の 「Profiler.GetAllocatedMemoryForGraphicsDriver」を使用することで グラフィックス…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 から Standalone プラットフォームで IL2CPP ビルドが可能になりました

概要 Unity メニューの「FIle>Build Settings...」を選択して 「Player Settings...」ボタンを押して Inspector で「Scripting Backend」のプルダウンメニューから 「IL2CPP」が選択できるようになりました 関連記事

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Vector2.Perpendicular」

はじめに Unity 2018.1.0b2 の新機能の「Vector2.Perpendicular」を使用することで 指定された2Dベクトルに対して垂直な2Dベクトルを取得することができます 使用例 using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { private void Awake() { prin…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「ShaderUtil.GetAllShaderInfo」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/ShaderUtil.GetAllShaderInfo.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の「ShaderUtil.GetAllShaderInfo」を使用することで ビルトインシェーダを含む、すべての利用可能なシェーダの情報を…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Application.quitting」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/Application-quitting.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の「Application.quitting」は アプリを終了する時に呼び出されるコールバックです 使用例 using UnityEngine; public static…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Application.wantsToQuit」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/Application-wantsToQuit.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の「Application.wantsToQuit」は アプリを終了する時に呼び出されるコールバックで、 戻り値で false を返すと、終了プロ…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 から iOS / Android において「GUIUtility.systemCopyBuffer」が使用できるようになった?

概要 Android: Added GUIUtility.systemCopyBuffer support. iOS: Added GUIUtility.systemCopyBuffer support. 上記のリリースノートに、Unity 2018.1.0b2 から iOS / Android において 「GUIUtility.systemCopyBuffer」のサポートが追加されたと書いてある…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「AssetPostprocessor.OnPreprocessAsset」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/AssetPostprocessor.OnPreprocessAsset.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の 「AssetPostprocessor.OnPreprocessAsset」を使用することで アセットをインポートする直前の処理をカス…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「Preset」

概要 Unity 2018.1.0b2 から、Inspector の各コンポーネントの右上に 赤枠で囲まれたアイコンが追加されました このアイコンをクリックすると 「Select Preset」ウィンドウが表示されるので 「Save current to ...」ボタンを押して、 保存ダイアログでファイ…

【Unity】Unity 2018.1.0b2 新機能「InspectorWindow.OnPostHeaderGUI」

はじめに https://docs.unity3d.com/2018.1/Documentation/ScriptReference/InspectorWindow.OnPostHeaderGUI.html Unity 2018.1.0b2 の新機能の「InspectorWindow.OnPostHeaderGUI」を使用することで Inspector の各コンポーネントのヘッダー領域をカスタマ…

【Unity】Unity 5.6 新機能「Transform.SetPositionAndRotation」

概要 using UnityEngine; public class Example : MonoBehaviour { private void Awake() { // 従来 transform.position = new Vector3( 1, 1, 1 ); transform.rotation = Quaternion.Euler( 0, 180, 0 ); // 新機能 transform.SetPositionAndRotation ( new…

Unity】Unity 2017.1 新機能「IActiveBuildTargetChanged」

using UnityEditor; using UnityEditor.Build; using UnityEngine; public class ExampleClass : IActiveBuildTargetChanged { public int callbackOrder { get { return 0; } } public void OnActiveBuildTargetChanged ( BuildTarget previousTarget , Bui…

【Unity】Unity 2017.1 新機能「SwitchActiveBuildTargetAsync」

using UnityEditor; using UnityEditor.Build; using UnityEngine; public class ExampleClass : IActiveBuildTargetChanged { public int callbackOrder { get { return 0; } } [MenuItem( "Tools/Switch Platform" )] public static void SwitchPlatform()…

【おすすめスライド】「Unity 5.4 & 5.5 新機能キャッチアップ講座」

関連記事

【Unity】Unity 5.3.4 新機能「UNITY_5_3_OR_NEWER」

Unity 5.3.4 から「UNITY_5_3_OR_NEWER」が追加されました このシンボルを使用することで Unity 5.3 以上でのみ実行する処理を記述できます #if UNITY_5_3_OR_NEWER ... #endif 参考サイト様

【Unity】Unity 5.2 新機能 「C# Project Generation」

Unity 5.2 から「C# Project Generation」が追加されました 「Edit>Project Settings>Editor」を選択して表示される 「Editor Settings」に「C# Project Generation」が追加されています 「Additional extensions to include」に記載されている拡張子のファ…