コガネブログ

平日更新を目標に Unity や C#、Visual Studio、ReSharper などのゲーム開発アレコレを書いていきます

【Unity】Animator を使用せずに 2D スプライトアニメーションを実装できる「RetroSpriteAnimator」紹介

はじめに 「RetroSpriteAnimator」を Unity プロジェクトに導入することで Animator を使用せずに 2D スプライトアニメーションを実装できるようになります 使用例 使い方 あらかじめアニメーションさせたいスプライトを Unity プロジェクトに追加して Sprit…

【Unity】スプライトで任意の図形を描画できる「ShapeRenderer」紹介

はじめに 「ShapeRenderer」を Unity プロジェクトに導入することで スプライトで任意の図形を描画できるようになります 使用例 使い方 ゲームオブジェクトに「ShapeRenderer」をアタッチすることで使用できます 図形を変更したい場合は「XXXXShape」をアタ…

【Unity】uGUI やスプライトで任意の図形を描画できる「Shapes2D」紹介

はじめに 「Shapes2D」を Unity プロジェクトに導入することで uGUI やスプライトで任意の図形を描画できるようになります 使用例 使い方 SpriteRenderer や Image のオブジェクトに「Shape」をアタッチすることで使用できます

【Unity】Material does not have a _MainTex texture property. It is required for SpriteRenderer.

概要 Material does not have a _MainTex texture property. It is required for SpriteRenderer. Shader Graph で 2D 用のシェーダを作成できるかどうか試してみようと思い、 作成したシェーダをマテリアルに設定し、そのマテリアルをスプライトに割り当て…

【Unity】uGUI や SpriteRenderer で 5 種類のシェーダを使用できる「Sprite-Postprocessing-Tool」紹介

はじめに 「Sprite-Postprocessing-Tool」を Unity プロジェクトに導入することで uGUI や SpriteRenderer で 5 種類のシェーダを使用できるようになります 使用例 適用前 適用後 使い方 uGUI のオブジェクトやスプライトに「SpritePostprocessing」をアタッ…

【Unity】Aseprite で作成した .aseファイルをインポートして自動でスプライトシートやアニメーションを作成できる「Aseprite-Importer for Unity」紹介

はじめに 「Aseprite-Importer for Unity」を Unity プロジェクトに導入することで Aseprite で作成した .aseファイルをインポートして 自動でスプライトシートやアニメーションを作成できるようになります 使い方(画像は引用) .aseファイルを Unity プロ…

【Unity】スプライト用のアウトラインシェーダを導入する

はじめに http://www.shaderslab.com/demo-15---sprite-outline.html この記事では上記のサイト様が公開されている スプライト用のアウトラインシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロ…

【Unity】スプライト用の色の反転シェーダを導入する

はじめに http://www.shaderslab.com/demo-83---invert-color.html この記事では上記のサイト様が公開されている スプライト用の色の反転シェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェク…

【Unity】スプライト用のディゾルブシェーダを導入する

はじめに http://www.shaderslab.com/demo-95---flag-with-lighting.html この記事では上記のサイト様が公開されている スプライト用のディゾルブシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プ…

【Unity】4x3 サイズの画像でグラデーションを表示する

概要 4x3 サイズの画像を Unity プロジェクトに追加します シーンにスプライトを作成して、4x3 サイズの画像を設定します あとは、スプライトのサイズを大きくすることで、 4x3 サイズの画像でグラデーションを表示できます 参考サイト様

【Unity】スプライト用のベタ塗り(単色)シェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用のシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリアルの Shader を 「Spr…

【Unity】SpriteAtlas.GetSprite はスプライトの参照を返すのではなく複製するのでメモリに注意

概要 using UnityEngine; using UnityEngine.U2D; public class Example : MonoBehaviour { public SpriteAtlas m_atlas; private void Update() { m_atlas.GetSprite( "goal_01" ); } } 例えば上記のように Update 関数で毎フレーム SpriteAtlas.GetSprite …

【Unity】スプライト用のアウトラインシェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用のアウトラインシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリアルの Sha…

【Unity】スプライト用のブルームシェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用のブルームシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリ…

【Unity】スプライト用の色相変更シェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用の色相変更シェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリ…

【Unity】スプライト用の影シェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用の影シェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリアルの…

【Unity】スプライト用のピクセル化シェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている ピクセル化シェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 適用前 適用後 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリアルの Shade…

【Unity】スプライト用のアウトラインシェーダを導入する

はじめに この記事では上記のリポジトリに含まれている スプライト用のアウトラインシェーダを導入する方法を紹介していきます 使用例 使い方 上記のシェーダファイルを Unity プロジェクトに追加します シェーダを使用したいオブジェクトのマテリアルの Sha…

【Unity】キャラの立ち絵の画像のようにデザインが重複する画像の容量を削減できる「SpriteDicing」紹介

はじめに 「SpriteDicing」を Unity プロジェクトに導入することで キャラの立ち絵の画像のようにデザインが重複する画像の容量を 削減できるようになります 使用例 例えば、上記のような Unity ちゃんの立ち絵は、表情しか違いがありません しかし、これら…

【Unity】スプライトにアウトラインを追加できる「Sprites-OutlineMeter.shader」紹介

使用例 適用前 適用後 ソースコード 使い方 マテリアルを作成して、マテリアルの Shader を「Sprites/OutlineMeter」に変更し、 各種パラメータを調整します 作成したマテリアルをスプライトに設定します 関連記事

【Unity】SpriteRenderer で使用する画像を変えた時に BoxCollider2D のサイズを調整する手間を省くエディタ拡張

はじめに 例えば、シーンにこのようなスプライトが存在しており、使用する画像を変えた場合、 画像の大きさと BoxCollider2D のサイズにズレが生じてしまい、 BoxCollider2D のサイズを調整する必要が出てきますが、 この手間を省くエディタ拡張を作りました…

【Unity】ECS を利用して 10,000 体のスプライトを描画するサンプル「ecs-instanced-sprite-renderer」紹介

はじめに 「ecs-instanced-sprite-renderer」は ECS を利用して 10,000 体のスプライトを描画するサンプルです スクリーンショット ソースコード SpriteRendererMovementSystem.cs using System; using Unity.Entities; using Unity.Mathematics; using Unit…

【Unity】2D のライトを実装できる「Light2D - GPU Lighting System」紹介(無料)

概要 2015/2/26 に「Light2D - GPU Lighting System」がリリースされました 「Light2D - GPU Lighting System」を導入すると、 2D のライトを実装できるようになります 検証環境 Unity 2017.4.0f1 Light2D - GPU Lighting System 1.3 サンプル セットアップ …

【Unity】SpriteAtlas からプロパティ経由でスプライトを取得できるクラスを自動生成するエディタ拡張「SpriteAtlasNameCreator」を GitHub に公開しました

はじめに SpriteAtlas に含まれるスプライトを、文字列指定ではなく プロパティ経由で取得できるクラスを自動生成するエディタ拡張 「SpriteAtlasNameCreator」を GitHub に公開しました 目次 はじめに 目次 できること 文字列指定ではなくプロパティ経由で…

【Unity】ドット絵がぼやけてしまう問題を解決する方法

はじめに ⭐️Unity Pixel Art Tips 2018⭐️Are you working on a Unity project, but your Pixel Art sprites look blurry and distorted? Don't worry, follow this little tutorial and those pixels will look BEAUTIFUL!(RT to save a dev life)#unity #pi…

【Unity】スプライトのピクセルを綺麗に描画できるシェーダ「Sprites-PixelArt.shader」紹介

ソースコード 参考ツイート Here's a basic Shader for aligning #pixelart in @unity3d: https://t.co/CtLW99VxyD #unitytips #gamedev pic.twitter.com/yujnM6Ft3d— Stephan Hövelbrinks (@talecrafter) 2016年10月4日 関連記事

【Unity】スプライト用のシェーダ「Unity Sprite Uber Shader」紹介

はじめに 「Unity Sprite Uber Shader」はスプライト用のシェーダです 使用例 使い方 マテリアルのシェーダを下記のいずれかに設定します Sprite (Pixel Lit) Sprite (Unlit) Sprite (Vertex Lit) 関連記事

【Unity】色相彩度調整シェーダ「HSV Shader for Unity」紹介

はじめに 「HSV Shader for Unity」は色相彩度調整シェーダです 使用例 1つのテクスチャから様々な色合いのスプライトを描画できます 使い方 マテリアルの Shader を「Custom/HSLRangeShader」に設定します 関連記事

【Unity】スプライトで使用できるベタ塗りシェーダとアウトラインシェーダ「SpriteShaderSample」紹介

はじめに SpriteShaderSample はスプライトで使用できる ベタ塗りシェーダとアウトラインシェーダです 使用例 使い方 マテリアルの Shader に「Sprites>Custom」の中のシェーダを設定します 参考サイト様 https://mike-neko.github.io/blog/sprite-shader/ …

【Unity】スプライトを光らせるエフェクト「SpriteGlow」紹介

はじめに 「SpriteGlow」はスプライトを光らせるエフェクトです 使用例 使い方 スプライトに「SpriteGlow」コンポーネントをアタッチします 関連記事